2016.10.10 Mon

Written by EDGE編集部

フットサル

『Futsal Baton Project』が、東京都・稲城四中サッカー部にて、フットサル指導を実施!

9月某日、『Futsal Baton Project』のメンバーが、東京都稲城市の稲城第四中学校サッカー部にて、フットサル指導をおこなった。終了後、指導にあたった花嶋悠選手(府中アスレティックFCサテライト)に話を聞いた。

――お疲れさまでした。指導を終えて、子ども達の印象はいかがでしたか?

稲城市立第四中学校サッカー部の皆さんは、とても気持ちが良い挨拶や返事ができる子達で、トレーニングに取り組む姿勢も素晴らしいものがありました。

――普段は小学生を指導することが多いと思いますが、今回は中学生ということで、どのようなことを意識したのでしょうか?

指導をする前に、顧問の先生とミーティングをしてトレーニングのテーマを決めました。年代というよりは、子供達の抱えている課題に対して、フットサルのトレーニングを通してフォーカスできるように意識しました。

 

14627998_566831723523723_489793278_n

 

――他の部活動の生徒も見学に来ていましたね。

いままで、こういうことはなかったんですよね。女の子が観に来てたのですが、そのせいかガツガツしたプレーや周りの目を意識したプレーが出るようになった気がしました(笑)。魅せるのはスポーツの醍醐味のひとつなので、とても大切なことだと思います。

――最後に、トレーニングに参加した選手達にメッセージをお願いします。

目標を持つこと、そこに向かって努力することを僕達と一緒に頑張りましょう!

『Futsal Baton Project』

http://futsalbatonproject.web.fc2.com

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】