2016.10.04 Tue

Written by EDGE編集部

アジア

海を渡った指導者たち〜第5回・千葉康博(SPORVA副代表)「商社を辞め、上海でサッカースクールを興す」前編

康博は、いち選手としてサッカーに興じるだけではなく、高校時代に興味を持った審判としてのサッカーへの関わりを、大学時代から始めていたという。

「サッカー部の試合に出場する傍ら、審判のライセンスも取得して、千葉県内のアマチュア大会で主審や副審もしていたんです。一選手としてではない、新たなサッカーへの関わり方となった審判活動は、意義のある経験になりました」

康博は、大学卒業と同時にJFAの審判ライセンス2級を取得している。体育会サッカー部に所属してサッカー漬けの日々を送りながら、将来の方向性を意識して語学留学もした彼は、その後どのようにサッカーに関わっていくのだろうか。

「新卒で東京の半導体商社に入社しました。中国で大手メーカーのOEMに携わっていた商社で、中国語を流暢に話せる人材として、新入社員としては異例の海外営業本部に配属されました。入社2年目の秋には香港駐在となり、香港を拠点に中国国内を飛び回る生活が始まりました」

焼き奉行の如く、壷カルビの焼き加減に細心の注意を払いながら、康博は話を続ける。

「香港では、香港審判協会に登録されていたので、週末になると下部リーグやアマチュア大会で笛を吹いていました。香港は広東語ベースですが、中国語(普通語)や英語も通用します。ただ、英語は苦手で苦労しましたね(笑)」

 

yasu.1.3_compressed

 

香港で社会人生活を送りながらサッカーの審判活動を平行するという、充実の毎日を過ごしていたが、やがて彼の心に変化が起き始める。時を同じくして、上海では将智が、中国人市場への挑戦を意識し始めていた。

「香港駐在生活が1年を経過する頃に、漠然とですが、語学を活かしてサッカーに携わりたいという感情が芽生えました。とはいえ、海外駐在の恩恵を犠牲にしてまで踏み出すものなのかと、相当考えました」

兄・将智は中国人市場への挑戦の意を固め、香港に駐在する康博にその旨を伝えていたのだった。同時に、兄は兄で、弟は弟で、それぞれが置かれている境遇で、偶然にも同じような思いを抱いていたという。

「僕は、代表(康博が仕事の時に使う、兄・将智の呼称)が時々つぶやいていた、サッカーに関わる人たちの苦労話には共感していたんです。僕もこれまでお世話になってきたコーチの方々や、日本と香港の審判の皆さんと接する機会に恵まれて、兄とはまた違う経験を積んできたので、お互いの意見を出し合えば、より強固な指針や理念みたいなものができるんじゃないかと感じ始めました。そうなると、思いは強まる一方でしたね」

決断は極めて速かった。香港の整理整頓を終えた康博は、なんとその足で上海に向かった。既にブルドーザーの片鱗が垣間見える行動だ。

「香港で勤め先を退職して、その足で上海に向かいました。まだ、代表や副代表という肩書もないタイミングでしたので、当時は代表としてではなく兄の立場で、僕の決断に驚いて不安がっていました。実は、退職と渡航時期を誰にも相談せず、自分で勝手に決めちゃったんです。半ば強引にふたりで始めたというのが本当のところです。今思うと無茶苦茶だったと反省しています。こうして、中国人向けのスクールを立ち上げて、生徒ゼロの状態からスタートしました。生徒募集のビラを作り、配りまくる日々が始まったんです」

<次ページ>

節約で一杯のラーメンをふたりで分け、肉まん片手にビラを配る

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事