2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『気を楽にして挑めた』 高川学園×都市大塩尻 両チームコメント

写真:ストライカーDX

高校サッカー・1回戦 高川学園2対1都市大塩尻 両チームコメント

高川学園 江本孝監督
初めて素晴らしい舞台に立たせて頂いて、生徒と一緒で初出場みたいなものなので、本当に選手と一緒に戦いたいと思っていました。それが結果につながってよかったと思います。僕も今年就任して1年目です。
何もわからない中で、このように1日1日が新しいことばかりだったので、チャレンジャー精神で戦わせて頂きました。
 
 
高川学園 伊石祐也
常に梅田君が動いたら、僕も動いているのであとは決めるだけでした。
(大きな舞台で得点が取れて)うれしいです。先輩たちがいつも緊張するなといってくれていたので、気を楽にして挑めました。
 
 
都市大塩尻 高橋裕之監督
(先制点を奪われた)あれで逆に点を取りにいくしかなくなったので、都市大のよさをはっきりさせてくれたと思います。できれば前半のうちに同点にしたかったのですが、そんなに甘くなかったです。後半はいいペースで何回か崩しにいきましたが、最後のところが決められなかったです。
 
 
都市大塩尻 鮎沢涼
スタンドで応援してくれている親やチームメートの期待に応えられなかったです。来年はまたここの場所に来ようと思います。最後の部分でゴール前に人数をかけられなかったことに関しては、気持ちがまかったわけではないのですが、相手の方が1枚上手でした。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事