2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『気を楽にして挑めた』 高川学園×都市大塩尻 両チームコメント

写真:ストライカーDX

高校サッカー・1回戦 高川学園2対1都市大塩尻 両チームコメント

高川学園 江本孝監督
初めて素晴らしい舞台に立たせて頂いて、生徒と一緒で初出場みたいなものなので、本当に選手と一緒に戦いたいと思っていました。それが結果につながってよかったと思います。僕も今年就任して1年目です。
何もわからない中で、このように1日1日が新しいことばかりだったので、チャレンジャー精神で戦わせて頂きました。
 
 
高川学園 伊石祐也
常に梅田君が動いたら、僕も動いているのであとは決めるだけでした。
(大きな舞台で得点が取れて)うれしいです。先輩たちがいつも緊張するなといってくれていたので、気を楽にして挑めました。
 
 
都市大塩尻 高橋裕之監督
(先制点を奪われた)あれで逆に点を取りにいくしかなくなったので、都市大のよさをはっきりさせてくれたと思います。できれば前半のうちに同点にしたかったのですが、そんなに甘くなかったです。後半はいいペースで何回か崩しにいきましたが、最後のところが決められなかったです。
 
 
都市大塩尻 鮎沢涼
スタンドで応援してくれている親やチームメートの期待に応えられなかったです。来年はまたここの場所に来ようと思います。最後の部分でゴール前に人数をかけられなかったことに関しては、気持ちがまかったわけではないのですが、相手の方が1枚上手でした。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 8 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?