2014.12.31 Wed

Written by EDGE編集部

高校&ユース

「少しでも長くみんなとやりたい(日大藤沢・小菅)」日大藤沢×徳島市立コメント

写真:ストライカーDX

高校サッカー・1回戦 日大藤沢対 徳島市立 両チームコメント

日大藤沢 佐藤輝勝監督
前日の練習で小菅がPKを3、4本止めていたので、調子がいいのはわかっていました。相手が外してしまったのも、彼の雰囲気や立ち姿などが考慮されていると思います。ベンチでも外した選手に声を掛けたりして、気持ちの部分で一体感を出していました。(PK戦の5本目を)GKがかき出せたのも、ちょっとした気持ちの部分だと思っています。

日大藤沢 小菅陸
仲間のためにという思いでした。自分がヒーローになろうとかではなく、負けたら3年生が引退するので、少しでも長くみんなとやりたいという思いでやりました。

日大藤沢 田場ディエゴ
練習ではずっとトップ下でやっていたのですが、昨日のミーティングで右サイドといわれました。(これまで)途中出場のときは右サイドでプレーしていたので、できると思いました。(スタメンで出た今日は)途中出場したときと同じようにドリブルをしてしまったので、相手に追いつかれたり取られたりしてしまいました。あそこは持たない、ここは持つという判断は(今日の経験で今後は)できると思います。

徳島市立 河野博幸監督
(相手のラインが)間伸びしているわりにはセカンドボールが拾えませんでした。ミスが直接失点につながってしまいました。2点目を取られたときも、なんでもないヘディングのミスからでした。緊張するのは仕方ないなと思っていましたが、よく追いついてくれたと思います。

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事