2014.12.31 Wed

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『PK職人GK小菅陸。飛びきってつかんだ勝利』日大藤沢2(4PK3)2徳島市立

写真:ストライカーDX

PK戦までもつれ込んだ一戦。日大藤沢は3、4本目を外し、徳島市立に5本目を決められれば敗退というピンチに陥った。絶体絶命の状況を救ったのが、後半40分に投入されたPK職人・GK小菅陸だった。(取材・文 松尾祐希)

「前日のPK練習で3、4本止めて、調子がいいのはわかっていた」と佐藤輝勝監督が評するGK小菅陸の出番は後半40分だった。

背番号25を背負ったPK職人は、勢いよくピッチに走っていく。

迎えたPK戦では、互いに2本目まできっちり決める重苦しい雰囲気の中、日大藤沢は3人目MF西尾隼秀、4人目DF小野寺健也が連続で失敗してしまう。

徳島市立のPKに対して、GK小菅は「最初は悪い癖が出て、ヤマをはってしまっていた」と語るように、本来の持ち味であるギリギリまでキックを見極めるプレーができず、止めることができなかった。

徳島市立の4人目、DF奥田雄大に決められれば試合終了という状況だったが、これはバーを越え、首の皮1枚つながった。

続く、日大藤沢5人目のMF佐藤拓が決め、再び小菅に出番が回ってきた。

ここまで1本も止めることができていなかったが、徐々に本来の動作を思い出し、蹴られた方向が逆だったとしても、最後まで飛びきる動きを徹底していた。

そして「これを止めなければ敗退が決まる」という場面で迎えた、徳島市立の5人目。

FW福住卓磨のキックは右のポストを直撃し、そのままゴールインかと思われたが、横っ飛びをしていた小菅の身体に当たり、ボールはラインの手前へこぼれ出た。

その瞬間、会場からは歓声と落胆が入り交じった声が湧き上がった。

小菅の身体に当たり、防ぐことができたキック。これは決して、偶然ではなかった。

「自分を信じて飛びました。練習でも、逆サイドにボールが飛んできても、飛びきることを意識していました。中途半端に飛んでいたら危なかったと思う」と語るように、『逆に蹴られても飛びきる』という動きを徹底したことが、このシュートストップにつながった。

試合後「(5本目を止めたのは)みんなの思いかな」と語る小菅の表情からは充実感が漂っていた。

最後は徳島市立の6人目、FW岸田大世のキックを右に飛んでブロックし、勝利に大きく貢献。

運があったから止められたのではない。

小菅の飛びきる姿勢があったからこそ、この運を呼び寄せたといえるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事