2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『神出鬼没の1年生MF伊石祐也』高校サッカー・1回戦 高川学園2対1都市大塩尻

写真:ストライカーDX

高川学園が誇る神出鬼没の1年生アタッカーMF伊石祐也が、開始4分で奪った先制点。この先手必勝の攻撃が最後まで効いた高川学園が、都市大塩尻の終盤の猛攻を退け、勝利を手にした。(取材・文 松尾祐希)

「普通の人には持っていないセンスがある」と、高川学園・江本孝監督も高く評価するのが、1年生のMF伊石祐也だ。

第1試合の余韻が残るスタンド中で、前半4分にペナルティーエリア内へと放り込まれたロングボールをFW梅田魁人が競ると、そこに伊石が飛び込み先制弾。
相手が嫌がる位置にしっかりと入り込み、試合を優位に運ぶ得点を奪ってみせた。

その後もトップ下の位置で素晴らしいプレーを発揮。
「あの子は結構あのような(ボールを拾う)嗅覚があるので、相手の嫌なところに入っていける選手。それが、今日は出てよかったかなと思います」と、指揮官も今日の試合の活躍を賞賛。
こぼれ球に対する嗅覚のよさを発揮し、攻撃を1年生ながらけん引した。

後半に入り相手に押し込まれる展開が増え、見せ場は減ったが、後半アディショナルタイムには左サイドからカットインし、左足でシュート。
カウンターの起点として存在感を見せ、勝利に貢献した。
今でこそ、ボールに対する嗅覚のよさや守備の部分での献身性が高く評価されているが、中学校時代は人に任せてしまうプレーが目立つ選手。
これを変えるきっかけとなったのが、高校に入った直後にレギュラーを奪取したことだった。
「高校に入って、(すぐに)スタメンを取りました。2、3年生は悔しいと思うので、チームのために頑張ろうと思いました」と本人がいうように、試合に出られない先輩の思いも背負ってプレーをするという自覚が芽生えた。

朝練がある時は5時に起床し、1時間かけて学校まで通う1年生アタッカーは、放課後に先輩たちが行う自主練の球出しにつき合い、帰り着くのは22時を回ることもある。
それでも、チームのためにという思いで必死に日々の練習などに取り組んできた。
そこから、プレーの献身性なども向上。
今ではチームに欠かせないアタッカーへと成長を遂げた。
次なる2回戦でも、磨かれつつある献身性と嗅覚を生かし、チームの思いを背負ってプレーする。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事