2014.12.31 Wed

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『今年は誰が出てもレベルが落ちない(尚志・仲村監督)』尚志×広島皆実コメント

高校サッカー・1回戦 尚志  2対0 広島皆実 両チームのコメント

尚志 仲村浩二監督
(広島皆実は)決勝戦のつもりでやらなければいけない相手でした。前の4枚は相当レベルが高く、1人では止められないので、ボランチとサイドハーフで止めようと。忠実にやり続けてくれたのが結果につながったと思います。全員が予測して、守備の意識も高かったですよね。今年は全員サッカーで、誰が出てもレベルは落ちません。それで、プリンスリーグも戦ってきました。

うちのエース(林)がケガをしていて行けるかなと思ったけどやはりダメで。早く替えたほうが、本人のためにも良かった。

(次の相手)聖和はレベルがかなり高い。今年は1勝1敗で、プレミアリーグ最終戦で叩き潰されました(笑)。その借りが返せればいいですが、仲の良いチームなので、全力で戦えればいいかなと。今年は実力がある。その実力をきちんと出すためにも、普段から細かいことをきっちりやっていきたい。

尚志  DF佐藤誉晃
得点の瞬間はうれしかったです。広島皆実は身体が強かった。1対1は強かったけど、守備の圧力はそれほど感じませんでした。オウンゴールの場面はプレッシャーをかけたら、クリアしてくれたのが運良く入った。最後まであきらめずにプレスをかけたのが、自分としては評価できるところです。

広島皆実 MF油井喬介
自分たちの力が出せなくて、技術よりも気持ちの差を感じました。自分の力不足でみんなを上に連れて行け無かった。申し訳ない気持ちでいっぱいです。前半、決めきれなかったし、後半の集中力が必要な時間に守りきれませんでした。僕以外の多くが大学でもサッカーを続けるので、上のステージで活躍することを祈っています。

【尚志 対 広島皆実 マッチレポートはコチラ
◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 2 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法とは?(前編) 3 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(1) 4 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法。ジュビロへの想い(後編) 5 「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(2) 8 サッカーは戦術だ!と言っていた村松尚登さんが、なぜいまコーンドリブル等の反復練習をしているのか? 9 6/13(月)村松尚登(元FCバルセロナスクール)&鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)トークイベント開催! 10 悪性リンパ腫と戦いながらも、ユベントスとの大一番で活躍した、元Jリーガーのはなし