2016.05.16 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

6/13(月)村松尚登(元FCバルセロナスクール)&鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)トークイベント開催!

2016年6月13日(月)、東京都内にて、村松尚登さんの新刊『サッカー上達の科学』の出版を記念して、村松さんと『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』(KKロングセラーズ)の著者で、フットボールスタイリストの鬼木祐輔さんのトークイベントが行われる。

フットボールエッジに以前「サッカーは戦術だ!と言っていた村松尚登さんが、なぜいまコーンドリブル等の反復練習をしているのか?」というコラムを掲載したところ、大きな反響を呼んだ。

まずはこちらを読んで頂ければ、トークイベントをより楽しむことができるだろう。

=================================================

「サッカーが上手くなる体の使い方」
 『サッカー上達の科学』(講談社ブルーバックス)出版記念 
 村松尚登さん×鬼木祐輔さん トークイベント

・日時:2016年6月13日(月)19:00~21:00

・場所:都内会場(詳細は参加申し込みいただいた方にお知らせします)

・募集人数:20名(申込多数の場合は増員も検討いたします)

・参加費:4,320円(税込)

・申込締切:2016年6月3日(金)

・申し込み方法:メールにて、氏名・住所・メールアドレス・電話番号をお知らせください。

・送付先メールアドレス:zemi@appleseed.co.jp(担当:宮原)

※イベント終了後、希望者のみで懇親会あります。

会費は5,000円くらいで会場近くの居酒屋を予定。
登壇者のお二人もご参加されます。
懇親会への参加をご希望の方は、申込メールに合わせてご記入ください。

●お問い合わせ先
アップルシード・エージェンシー 担当:宮原陽介
Email:zemi@appleseed.co.jp
TEL:03-3513-4325

=================================================

現地のバルサスクールなどバルセロナでの13年の指導経験がある村松尚登さんと、日本初のフットボールスタイリストとして、「しなやかで、シュッとしていて、立ち姿が美しく、頑張らない、力まない、踏ん張らない」サッカー選手をスタイリングする鬼木祐輔さん。

特に育成年代の指導者から絶大な人気と注目を集めるお二人に、今回は「サッカーが上手くなる体の使い方」について、その考え方やトレーニング方法などを伺います。

体を自在に操り、自分のイメージしたプレーを確実に再現する。
プレーの直前にギリギリの判断で選択を変えて、相手の逆を突く。
姿勢が良くなったり、移動がスムーズになることで、視野が広がりプレーの選択肢が増える。

選手としての力を最大限に引き出し、飛躍的にレベルアップするためには、技術や戦術だけでなく、「体の使い方」をマスターする必要がある。

指導者のみなさんはもちろん、お父さん&お母さんコーチや、育成年代からシニア世代まで男女すべてのプレーヤー必見の内容です。

●登壇者プロフィール

・村松尚登さん
1973年、千葉県生まれ。筑波大学体育専門学群卒業後、1996年にスペイン・バルセロナへ。以降、同国で13年間、8クラブの指導に携わる。2004年にスペインサッカー協会の上級コーチングライセンス(日本のS級ライセンスに相当)を取得。2006年よりFCバルセロナの現地スクールにて唯一の外国人コーチとして12歳以下の子供たちを指導。2009年にはFCバルセロナスクール福岡校の立ち上げと指導に携わり、2013年3月に水戸ホーリーホックのアカデミーコーチに就任。

・鬼木祐輔さん
1983年8月24日生まれ。日本初のフットボールスタイリスト。
サッカーがうまくなるために「身体を上手に動かす」という観点からサッカーを捉え、その方法を考える。しなやかで、シュッとしていて、立ち姿が美しく、頑張らない、力まない、踏ん張らない、そんなサッカー選手をスタイリングする。現在は幼稚園児から高校生までのスクールやチームでサポート。また、ケガをしないための身体作りや、ケガから競技復帰までのリハビリも行う。

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事