2016.05.09 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】

僕の周りには外部コーチとして活動している仲間がいます。彼ら自身の経験、意見を聞いてみました。

Aさん「外部コーチのポジションは心地良かったので、不満ばかりではありませんでしたが、卒業生が指導者として帰ってきたいとのことで、一方的に契約を切られてしまいました。もちろん、卒業生の存在に勝てるとも、勝ちたいとも思っていませんが、人と人の関係なので、離れるところまでをしっかりコーディネートして欲しかったなと。結局のところ、不透明で納得できないことばかりでした。」

Bさん「最近の教員は、部活の顧問をやりたくないんだろうなと感じます。新しい事を面倒くさがるし、保守的です。何で先生になったのかわからないし、そう聞きたくなったこともあります。外部コーチの処遇、待遇はひどいものですね。それに対して、学校も先生も特に行動を起こさないです。何もしようとしない。選手証を持っているのに、公式戦に遅刻してきて、謝りもしないこともありました。そんなに顧問をやりたくないのであれば、外部指導員を自分で雇って学校に認めてもらい、学校のスタッフとして扱って、コミュニケーションとりながらお互いWin-Winな関係を作ればいいのにとも思ったこともあります。でもたぶんやらないでしょうけど」

このコラムを書く上でいくつかの文献やサイトを読んでみたのですが、その中に、看過できない文言がありました。

2015年12月15日、朝日新聞デジタル「部活の外部指導者、学校職員に 中教審が答申」より引用(太字箇所) http://www.asahi.com/articles/ASHDH5KJRHDHUTIL032.html

『一方で、質の維持が課題とされる。東京都では12~14年度、公立中学12校の生徒計40人が、外部指導者から体罰を受けた。剣道の竹刀で横面をたたかれて難聴になった▽野球のバットでおしりをたたいた――などだ。』

体罰は問題外。そんなコーチは淘汰されるべきですね。でもこういう記事を書くのなら、学校の教員が起こした体罰も明記して下さいよ。その方がよっぽど多いでしょう。

さらに『早稲田大スポーツ科学学術院の作野誠一准教授は「指導員への丸投げが横行すると教員の目が行き届かなくなり、勝利至上主義で行き過ぎた指導に陥りやすい。指導員向けの研修を設け、教員との緊密なコミュニケーションが必要だ」と話す。

その言葉、そっくりそのままお返ししたい。勝利史上主義でめちゃくちゃな指導や言動されている教員の方、いっぱいいるじゃないですか。そして「行き届かなくなり〜」という言い回しに、外部コーチは「信用できない存在」「扱うもの」という認識がありありと見える気がします。

ちなみに都立高校では、形式上は東京都知事に委嘱されて外部コーチを請け負う、という形でした。毎年初めにもらう委嘱状の文面は「外部指導員として委嘱する」ですからね。やりたいならやらせてあげるよ、という感じ。

報酬はスズメの涙で、しかも上限が定められており、それ以上はいくら練習や試合に行っても増えない。つまり行くだけ赤字です。文面では毎月振り込まれると書いてあったけれど、いつ振り込まれるかも知らされず、何ヶ月か分をまとめてポン、といきなり振り込まれることばかり。

それでもやるんですよ、僕らは。選手のことが好きだし、もっともっとうまくさせたいし、成長をそばで見ていたい。一緒にいろんな思い出もつくりたい。そういう好意に甘え、とことん利用し、尊重もせず、最後はあっさりと紙一枚で切る学校がある。そんな教員がいる。

長々と書いてしまいましたが、学校には良い先生もいれば、そうでない先生もいます。良い学校もあれば、そうでない学校もあります。

そうでない学校や先生に当たり、不当な扱いを受けても、現状では外部コーチは泣き寝入りせざるを得ない。管理職に訴えても、聞く耳さえ持ってくれない。そんな現状がある限り、何も知らない人が「もっと外部コーチに任せるべき」なんて、簡単には言ってほしくないです。

だから外部コーチを招くなら、その制度や基準(待遇や保証、最低限のルール)を、ある程度は一元化する必要があると思います。できれば、地域ごとにそれを統括し、チェックするような機関やポストがあればいい。

国や東京都は2020年のオリンピック開催に必死だけど、その前にもっと、草の根に目を向けてほしいものです。舛添都知事や鈴木スポーツ庁長官、このコラムを読んでくれないかな。

それとも、馳浩文科相でしょうか。

 

【プロフィール】

久保田大介。ジュニア年代からジュニアユース、高校の女子サッカー部を指導するプロコーチ。指導者の学びの場”Borderless” football community主宰。

<SUERTE juniors横浜ブログ(ジュニア)>

<SUERTE las niñas 横浜ブログ(U-15女子)>

 

TOPページ広告

<あわせて読みたい>

【久保田コラム】チームづくりと、乃木坂46 のはなし

 

1 2 3 4 5 6

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事