2016.05.09 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】

ならば、なぜそう決めた時点ですぐに、僕に連絡をくれないのか。こっちは、全く関係ない人にも協力してもらい、仕事の予定を調整したわけです。僕が審判をするに当たって、いろんな人達に連絡をし、日程を調整してもらい、結果として迷惑をかける形になったことが、なぜわからないのでしょう。

なぜすぐに自分に連絡をくれなかったのか、なぜ選手や僕らコーチに何の説明もせず「大会不参加」という重大事項を決めたのかという問いには、ただただ口を濁すだけ。

結局、連盟の特別なはからいで新人戦に出場できることになったので、最終的には良かったのですが。そこでまた「連盟に多大な迷惑をかけたのだから、すぐに連絡をして謝ってください」とお願いしましたが、当然何もなされないまま…。

そんな渦中に行われたリーグ戦。そこで顧問の先生、まさかの選手証忘れ。結局時間を遅らせてもらって試合はできましたが、会場校の先生、対戦相手、そしてそのことでその会場校のスクールバスの時間にも影響を及ぼし、たくさんの方にご迷惑をおかけしました。それに関する説明も謝罪も、やはりなし。

その顧問の先生はさっさと先に帰ってしまったので、試合後は僕が最後まで残り、会場校の先生にもう一度謝りに行きました。

実はその日「新人戦の不参加問題のこと、ふたりで話しますか?」と、その先生から急に言われたんです。そこで僕は「学校で、顧問全員がいる場所でならいいですよ。でもその前に、選手達に、なぜそうなったのか、事情を説明してもらえませんか」と提案し、その場で「わかりました」と返事をもらいました。

数日後、その先生から「今から話し合いを、お願いします」と言われたのですが、「いや、選手達にまだ説明していないじゃないですか。だから無理です。まずは約束を守ってください」と言って断りました。そこで「必ず説明するので、とりあえず今から話し合いをお願いします」とでも言われるかなと思っていたのですが、その先生、何も反応もせず、無言で去っていきました。信頼関係が、1ミリもなくなった瞬間でした。

その後、改めて説明を求めたら「生徒に話を聞かれたら、答えます」。さらに「話をしてくださいって言うけど、何を話せばいいんですか?」と。あれ、あの時「わかりました」って答えたのに。あの約束はなんだったの? 何が問題で、何に対しこちらが怒っているのか、事態の把握もしていなかったのかと。またしても、開いた口がふさがりませんでした。その後、もちろんあちらから話があることも、選手達への説明も、何もありませんでした。

<次ページ>

熱中症の危険性があるにも関わらず、練習時間変更の訴えを無視

 

1 2 3 4 5 6

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事