2016.03.14 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

【CLIMB FactoryプレミアリーグU-11CS】三井千葉SCが初代王者に!レポート&フォトギャラリー

2016年3月13日、東京・清瀬内山運動公園サッカー場にて、CLIMB FactoryプレミアリーグU-11チャンピオンシップの決勝トーナメントが行われた。決勝戦で三井千葉SC(千葉県)が1FC川越水上公園(埼玉)をPK戦の末に下し、初代王者に輝いた。

プレミアリーグU-11は東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、茨城、新潟の7県で開催されている、U-11年代のリーグ戦。1年を通じて、各都道府県で総当りのリーグ戦を展開し、各県リーグの上位2チームが、CLIMB FactoryプレミアリーグU-11チャンピオンシップに進出することができる。

12日の順位決定リーグを経て、決勝トーナメントに進んだのが、下記の8チーム。

・アーセナルSS市川(千葉:2位、開催地)
・1FC川越水上公園 (埼玉:2位)
・FC.PROUD(東京:2位)
・大宮アルディージャ(埼玉:1位)
・グランセナ新潟FCジュニア(新潟:1位)
・JFC FUTURO(神奈川:2位)
・JACPA東京FC(東京:1位)
・三井千葉SC(千葉:1位)

【準々決勝結果】
グランセナ新潟FCジュニア 2対0 FC.PROUD
1FC川越水上公園 4対1 大宮アルディージャ
三井千葉SC 6対0 アーセナルSS市川
JFC FUTURO 4対0 JACPA東京FC

【準決勝結果】
1FC川越水上公園 1対1(2PK1) FC.PROUD

IMG_2456

三井千葉SC 2対1 JFC FUTURO

IMG_2472

【決勝結果】
三井千葉SC 2対2(3PK2) 1FC川越水上公園

IMG_2579

<決勝レポート>

立ち上がりから主導権を握ったのが、1FC川越水上公園。9林結人を中心に攻勢を仕掛け、早々に2点を奪う。しかし「(ハーフタイムに)このままで終わる試合ではないと言った」(1FC川越水上公園・粂川幸司監督)という言葉通り、後半に入ると、三井千葉SCが反撃に出る。持ち味である敏捷性、細かなボールタッチを武器にゴールに迫ると、7坂本健が得意の左足を振り抜き、連続でゴールを奪う。その後も三井千葉SCが何度もチャンスを作るが、最終ラインに立ちはだかった川越水上公園4小澤晴樹の牙城を崩すことができず。5分ハーフの延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に三井千葉SCが競り勝った。

三井千葉SC・軽込秀樹監督

「始めは相手の出だしが良く、2失点してしまったのですが、劣勢の中で諦めずに2点取り返したチーム力が結果につながったと思います。交替で入った選手が流れを変えてくれて、その子たちのがんばりが得点につながりました。自分が出た時に何が出来るかを考えてプレーしてくれたことが、結果につながったと思います。

(チームのテーマは)ポゼッションサッカーを目指しながら、一人ひとりがボールを持てる選手になること。その中で相手を見て、パスなのかドリブルなのか、シュートなのかを判断する。対人の練習もこだわりを持って取り組んでいます。

(1年間リーグ戦をやってみて)トーナメントとは違うので、1年間でモチベーションの波がありました。チームが悪い時に何ができるかを経験することができたのは、チームにとって大きな経験だったと思います。リーグ戦は負けてしまうと終わりではなく、試合数を多くこなすことができるので、そこはメリットだと思います。リーグ戦でしか感じられない部分も、今年1年間はありました。

(チャンピオンシップについて)普段、同じ県のチームとよく試合をしているので、相手チームのことはだいたいわかっています。緊張感に欠けるところもありますが、チャンピオンシップは他の県のチームが相手ということで、どのような選手がいて、どんなサッカーをしてくるのか。その中で選手たちが試合の中で感じて、こうしよう、ああしようというのが出てきたのは良かったですし、その経験は来年に生きると思います」

1FC川越水上公園・粂川幸司監督

「2点先行したのですが、ハーフタイムに2点で終わる試合ではないと言いました。(後半は)DFラインが対応する場面が多くなり、中盤でボールが拾えなくて、全体的に引いた戦いになってしまったのが、流れを変えられた原因だと思います。試合の流れを読んで、いまは前に出て行く時、いまは耐える時という部分が足りませんでした。

(プレミアリーグU-11について)リーグ戦の中で試合が確保されているので、色々な選手が試合に出ながら、力を伸ばしていく。そこで出た課題をフィードバックして、次の試合に生かすことができるのが、リーグ戦の良いところだと思います。この子たちは4月から6年生のリーグ戦を戦いますが、5年生のときにプレミアリーグで1年間、リーグ戦に参加した経験が生きると思います」

TOPページ広告

<次ページ>

「なぜリーグ戦が必要なのか?」大会総括とフォトギャラリー

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事