2016.03.10 Thu

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

野洲高を日本一に導いた『湖国の天才軍師』岩谷篤人さんから学んだ覚悟(2)【久保田コラム】

◆諦めないという覚悟を岩谷さんから学んだ

今回もそうでしたが、毎回、岩谷さんから浴びせられるたくさんの言葉を、自分が関わっている選手達の姿にリンクさせながら振り返ると、次へのモチベーションと楽しみと、覚悟しか浮かばなくなります。頭がぐちゃぐちゃになるけど、心はスッキリする。そんな感覚。

そして、早く練習が、試合がしたい。そんなギラギラ感、メラメラ感を、いつも沸き起こさせてくれる人なんです。

サッカー人生どころか、自身の人生そのものを変えていかなければいけない、と心を鷲掴みにされた出会いから数年。

「あいつは頭がおかしいんじゃないか、と言われるくらいの批判を覚悟で、指導者はチャレンジせなあかん。そして自分の見立てが正しいということを、そうなるように練習していって、自分の手で証明すればいい。非常識を常識に変えるというのはそういうことや」

あの時、岩谷さんに言われたこの言葉を頼りに、僕は今日までずっとやってきました。それはこれからも変わらないでしょう。指導者にとっての答えは、きっとこの「証明しようとする」ことからしか生まれないと思うのです。

そして、選手達がそれぞれの魅力を表現し、ピッチで証明する。そうなるように、こちらはまた明日から選手達と本気のやり取りをする。それが指導者としての最低限の使命であり、矜持でもあると思います。

3年前、岩谷さんについて書いたBlogに「Don’t give up。諦めないこと」というタイトルをつけました。

諦めないという覚悟を、岩谷さんから学んだと。

自分の信念やこだわりが、信じて人生を懸けるにふさわしいものなのだという証明を、この手でしてみせるという思い。そしてもちろん、今、関わっている全ての選手達を諦めないし、自分自身のことも、諦めない。

それを証明するのは自分自身。諦めない覚悟とは、そういうことだと思うのです。

<次ページ>
大切な「見切る」技術とは?

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事