2016.03.07 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

野洲高を日本一に導いた『湖国の天才軍師』岩谷篤人さんの言葉(1)【久保田コラム】

岩谷篤人氏。滋賀県のセゾンFC総監督として、乾貴士をはじめ数々のプロ選手を輩出し、第84回全国高校サッカー選手権では野洲高校を優勝に導き、日本中にセンセーションを巻き起こしました。『湖国の天才軍師』とも言われており、日本サッカー界における名将中の名将だと、僕は確信しています。(文・久保田大介/SUERTE juniors 横浜)

2016年2月27日、新宿にて「岩谷蹴球塾」という講習会が開かれました。主催は FOOT UNION JAPAN。久保田はこのFOOT UNION JAPANで関東副支部長を務めており、今回は事務局という立場での参加でした。

サッカーコーチとしてだけでなく、人生の先輩としても僕が一番影響を受けた方であり、もちろん、一番尊敬している方です。

数年前に岩谷さんと初めてしっかり話をさせて頂いて以来、幸いなことに今日に至るまで、ことあるごとに、他では決して聞けない岩谷さんの話を聞き、対話ができる、最高に貴重な機会に恵まれています。

その言葉はサッカー観、指導観、技術論だけでなく人生観にまでおよび、いつも胸をグシャっと鷲掴みにされ、心を大きく揺さぶられてしまうんです。

どんな質問にも決してお茶を濁したり、ごまかしたり(僕はこれよくやってしまう)というのが一切なく、すべて真剣に答えてくれる。じっくり考えてから、その質問者に合った答えを絞り出す。本気のやり取りとはこういうものかと、いつも思わされます。

そしてこちらが一を聞けば、百くらい返してくれる引き出しの多さ、深さ、ボキャブラリーの豊富さ。そして何よりも、指導に対する本気度の違いに、いつも圧倒されてしまうのです。

そういえばこの日集まった指導者の中で、岩谷さんが断トツの最年長。でも、断トツで岩谷さんが一番オシャレな服装でした(いつもだけど)。常に歌舞(かぶ)いてる 人。こんな指導者、他にはそう見つからないですね。

ただサッカーを教えるだけの指導者ではない。岩谷さんとはそういう人です。尊敬するだけでなく、いつか越えてみたい存在。僕の大きな目標でもあります。

岩谷さんがよく言うのは「見えないものを観る」ということ。

事実と真実は違う。そこで見えるもの、言葉、現象… その裏に隠された本当の真実までを、指導者は想像を膨らませて観なければいけないと。

このコラムも、ただ文字だけをなぞって読むのではなく、文脈や行間、言外に含まれるニュアンスから想像を膨らませて、それぞれなりの世界をイメージして頂ければ嬉しいです。

例えば、12月に行われた岩谷蹴球塾で、岩谷さんが「サッカーで一番大事なこと」という話の中で、次のように言っていました。

「小学生がボルトと走るにしても、サッカーの試合中であれば《早さ》で勝たなあかんし、やり方次第では本当に勝てる。それが出来るやつが、俺は本当に巧いやつやと思ってる」

ここから何が想像できるでしょうか。そして実際に小学生がボルトに早さで勝つ方法を、皆さん是非、考えてみて下さい…!

<次ページ>

「こうなるために練習してる…と、指導者と選手が、同じ夢、同じ絵を描いてほしい」

1 2 3 4

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】