2016.02.09 Tue

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

【久保田コラム】チームづくりと、乃木坂46 のはなし

◆バナナマンと乃木坂46から学ぶ、コーチと選手の関係性

最後に。コーチというのは時にプロデューサー、振付け師、演出家、そしてMCにもならなきゃいけない。その点で、バナナマンの2人から学ぶことは本当に多いです。

一人一人のキャラを立て、良さを引き立て、隠れた魅力を引き出し、新たな魅力をも生み出して大きくしていく。当然その魅力は一人一人違うものだし、違っていい。いや、違わなくちゃいけない。

短所=魅力。魅力=唯一無二。唯一無二×メンバー数=多様性

メンバーそれぞれが違う魅力を持つ「多様性」はチーム全体の底上げにつながり、やがてチームの武器となります。

そして、それぞれの魅力が融合した時にチームは化学反応を起こし、すごいパワーを生み出すんですよね。

魅力を引き出し、生み出し、際立たせ、融合させる存在。乃木坂46にとっては、それがバナナマンの二人だということ。

僕らコーチも、選手達にとって、そんな存在にならなきゃいけないんじゃないか。目指せバナナマン。

そして何よりも『理解、愛情、熱さ。時には身を挺して守ること』

これらは決して、いつも口にするわけでもないし、そんなことを表に出すのも気恥ずかしい。でもお互いがお互いをそう思っている、暗黙の了解でわかっている。

そんな素敵な関係性を、僕らコーチも選手達と一緒につくりたい。

いや、これだけは絶対につくらなきゃいけない。

決して主従関係ではない、従属関係でもない、上から目線でもない、素敵な関係性を。

どうでしょうか。なかば強引ですが、チームづくり、選手達に対する接し方、見守る、支える、引き出す、育てる、身を挺して守る…といったスタンスの部分で、乃木坂46とバナナマンの素敵な関係性から僕らコーチが学ぶことはたくさんある。僕は本気でそう思っています。(了)

【プロフィール】

久保田大介。ジュニア年代からジュニアユース、高校の女子サッカー部を指導するプロコーチ。指導者の学びの場”Borderless” football community主宰。

<SUERTE juniors横浜ブログ(ジュニア)>

<SUERTE las niñas 横浜ブログ(U-15女子)>

 

TOPページ広告

<あわせて読みたい>

【久保田コラム】8人制サッカーなんてやめてしまえ、のはなし

 

1 2 3 4 5 6

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事