2016.01.18 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

幸野健一のエッジな人「日本人初、ドラフト1巡でMLSに指名された男」遠藤翼(トロントFC)

edge002


遠藤:
今日は遊びのサッカーでしたけど、アメリカやヨーロッパの場合、遊びでもみんなガツガツ当たりに来るんですよね。でも、日本の場合は空気を読むというか、流してプレーしているように見えました。

幸野:「お互い、仲良くやりましょう」みたいな雰囲気は日本特有だよね。

遠藤:そう思います。

幸野:これは草サッカーに限らず、育成年代からトップまで日本に通じるメンタリティであって、世界を相手に戦う場合は、そこを変える必要があると思う。相手が常に100%の力でガツガツ来るから、それをかわすためにどうしようかを考えるわけで。ただ、これはすごく難しいんです。日本人のメンタリティに根ざした問題だから。翼もそれはアメリカに行ったから感じることだよね。アメリカに行った最初はどうだったの?

kouno

サッカーコンサルタント、アーセナル市川サッカースクール代表の幸野健一氏。遠藤選手とは彼が12歳時からの付き合い。


遠藤:
最初に紅白戦があったのですが、結果を出すというか、こいつはうまいと認めてくれれば、話もしてくれるようになるんです。僕は最初英語も喋れなかったので、サッカーで存在を証明するしかなかった。紅白戦や練習試合で結果を出し始めると、パスももらえるようになるし、喋りかけてくれるようになりました。

幸野:翼が通っているメリーランド大学は、サッカーではどのあたりの位置にいる大学なの?

遠藤:大学の「ディビジョン1」という一番上のカテゴリーに所属しています。いわゆる名門と言われる大学なので、毎年良い選手が入ってきますし、全米のトップ10には入っています。

幸野:いまは大丈夫だと思うけど、入学当初は言葉の壁があったよね。そもそも、大学の授業は全部英語なわけで。

遠藤:アメリカに行く前から、大変なんだろうなと覚悟はしていましたが、想像を遥かに越える大変さでした(笑)。最初は語学学校に通いながら練習をして、終わったら家庭教師と勉強をして、宿題をしたり。そういう日々が続きました。ただ、それがあるからいまの自分があるわけで…。でも、めちゃめちゃ大変でした。

幸野:日本にも、サッカーで海外に行きたいという選手はたくさんいるんだけど、多くの選手がヨーロッパや南米、アジアを向いている。一方で、アメリカに行きたいという人はほとんどいないよね。JFAアカデミー福島の卒業生は、ヨーロッパや南米でプレーしている選手がたくさんいるけど、翼がアメリカに行くと聞いた時、賢い選択をしたなと思った。アメリカなら英語を身に付けられるし、サッカーをやめた後の人生にも役に立つよね。名門大学卒業というキャリアも得られるわけで。18歳のとき、なぜアメリカに行こうと思ったの?

遠藤:そもそものきっかけは、高校2年の夏にJFAアカデミーの交換留学プログラムに参加させてもらって、アメリカの2つの大学のキャンプに行ったことです。そこでメリーランド大学の監督が、僕のことを気にいってくれたのがきっかけです。小さい頃から、英語を喋れるようになりたかったので、アメリカに行けばサッカーも出来て英語も学べる。これ以上の環境はないと思って飛び込みました。

<次ページ>
リーグ戦のベストイレブンとトーナメントのMVPに選ばれ、大学では社会学を学ぶ

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事