2015.12.15 Tue

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

【サッカー小説】「この街の光」(1)作・衛藤圭/企画・原案 PLAY MAKERプロジェクト代表 三橋亮太

善光寺コンパニエイロスは長野市に拠点を置く現在J3のプロチームで、実力、知名度ともに北信地域最大と言っても過言ではない。

育成組織を設立したのは三年前だが、その知名度とプロチームの下部組織であるという点が魅力となってか、年に一度のセレクションには県内から多くの少年たちが参加する。

当然そのレベルは高く、県内の少年サッカーチームで行われるリーグ戦は、設立当初から優勝レースにくいこむ活躍ぶりを見せていた。

そんなコンパニエイロスのJrユースに入ってみないかという誘いが、なんとチーム側から俊にもちかけられたという。

原の知り合いにコンパニエイロスの運営に関わっている人がいて、彼を通じて話が伝わってきたようだ。

俊たちのチームである大高ビッグスカイは公式戦の上位にあがったことは一度もないが、俊の活躍ぶりが噂になった可能性は充分にありうる。こういう事例に遭遇するたびに、大地は自分のいる世界が決して広くはないことを実感するのだった。

とにかく、こんな話は県内で活動するサッカー少年からすれば願ってもみない話のはずだ。

テストを受けるのは他の希望者と変わらないが、向こうはどこかで俊のプレーを見た上で太鼓判を押しているのだろうから、最終確認みたいなものだと思って良いだろう。少なくとも今の俊と同じ年ごろの大地なら、喜んで首をたてにふったにちがいない。

だけど俊の反応は、そんな大地にとっては考えられないものだった。

「お前、原さんに『テストは受けない』って言ったみたいだな」

俊は目をそらしたまま、小さくうなずいた。

「どうしてだ? コンパニエイロスのJrユースならここより環境も整っているし、全国の舞台でプレーできるチャンスもある。俊のレベルだってあがるはずだ。もったいないぞ」

「いいんです。さっきも言ったけど、このチームなら楽しいし」

消極的な返事を聞いて、大地の口から思わずため息がこぼれた。

楽しいサッカーを否定するつもりはないし、むしろそれが一番大切なことだとは大地も思っている。それでも彼は、今の返事を素直に受け入れるつもりはなかった。

「だからって、せっかくのチャンスをつぶしてしまうのか? 一度断れば、たぶん同じ誘いはないぞ?」 

それでもお前の力なら…とはあえて言わず、大地はわざと俊にプレッシャーをかけるような言い方をした。

俊の眉がぴくりと震えて、一瞬だけ動揺の気配がのぞいた。その反応を見て、大地も自分が大人げないことをしていたと自覚する。

「あ、悪かった。つい必死になってしまってな」 

大地はあわてて謝ると、ふたたび笑顔を浮かべて話題を変えた。

「原さんにも、けっこう言われたんじゃないか?」

「…まあ」

ぶすっとした顔でこたえる俊を見て、大地は本当に声をたてて笑ってしまう。顔を赤くして怒鳴りつける原の姿が、ありありと浮かんできたからだ。 

厳しい声を飛ばして指導する体育会系の原に対して、大地は子供たちと楽しくコミュニケーションをとりながらアドバイスをしていく身近なお兄さんタイプだ。

もちろん原は子供達から怖がられているが、それは本人もよく分かっている。大地をここへ誘ったのも自分と子供たちとの間のクッションの役割を期待したからだと、大地は指導に参加してからすぐに気がついた。

今回もそうに違いない。原は北風と太陽よろしく、大地が話せば俊も考えを変えてくれるかもしれないと考えて「お前の口からも、俊を説得してみてくれないか?」と頼んだのだろう。

「原さんはな、お前が本気を出さないことが不満なんだよ。せっかく才能があるのに」

大地の言葉を聞いて、俊はすぐにうつむいた。自分の表情の変化を隠すように。

「いえ。俺の才能なんて、たいしたことないですよ」

「おいおい、その年から謙遜か? ずい分とませてるな」

大地は俊の言葉にそうこたえ、また笑った。

「俺だって原さんと同じだ。ミニゲームで俊のまっすぐなドリブルを見るたびに、いつも思っているんだよ。『これがさらに上の舞台だったら、どうなるんだろう』ってな」

大地の目は真剣だった。確かにそれは大地がずっと前から思っていたことであり、つい熱心になってしまう大きな理由だった。

<次ページはこちら>

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事