2015.10.29 Thu

Written by EDGE編集部

アジア

「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー

写真:本多辰成

かつて日本代表に選ばれ、清水エスパルス、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府で活躍した青山直晃選手。Jリーグでの10年に渡るキャリアを終え、2015年より戦いの場をタイ・プレミアリーグに移している。近年、急成長を遂げるタイサッカーに身を置くことで感じる、日本サッカーの厳しい現状とは? 現役トップレベルの選手が語る、貴重な提言をぜひお読み頂きたい。(文・写真 本多辰成)

edge002

――今季、ヴァンフォーレ甲府からタイのムアントン・ユナイテッドに加入しました。どういった経緯や思いがあっての移籍だったのでしょうか。

青山:Jリーグで10シーズン、プレーをしましたが、プロになる時に親と「10年やれたらいいね」と話していたんですね。ちょうど10年という節目を迎えて、そのタイミングでタイから話をもらいました。Jリーグの他のチームでプレーする選択肢もあったのですが、環境を変えて違うことをしてみてもいいかなと思ったんです。

――移籍する前、タイリーグにはどんな印象を持っていましたか?

青山:岩政大樹さん(ファジアーノ岡山)や茂庭照幸さん(セレッソ大阪)が昨シーズン、タイでプレーしていたのもありますし、タイリーグが盛り上がっているというのは聞いていました。実際に環境を見てみたいと思ったので、契約前に一度タイに来て、ムアントンのスタジアムを見学しました。その時は一日だけで帰ったのですが、スタジアムも綺麗ですし、良い印象を受けました。

――では、その段階で移籍を決断したのですね?

青山:いえ、その時はJリーグのチームとの話も継続していたので、ムアントンの話は一度はお断りしました。でも、帰国後にムアントンのオーナーから連絡が来て「どうしても来てほしい」ということで、条件面もアップされました。オーナーからの直接の連絡が決め手になって、移籍を決断しました。

――待遇の面は、Jリーグと比較してどうですか?

青山:ムアントンは車も用意してくれますし、家賃も出してくれるので生活費があまりかかりません。日本の場合は税金がけっこう取られるので、そういう面を含めるとタイの方が条件はいいと思います。家族とよく相談した結果、子どもをインターナショナルスクールに通わせることもできますし、子どものためにもいいんじゃないかというのもあって「タイに行ってみよう」となりました。実際、チームにはよくしてもらっています。

――実際にタイに来てみて、タイリーグの印象はどうでしたか?

青山:日本のサッカーとは全く違いますね。タイのサッカーは、フォワードは前で待っていていい、ディフェンダーはしっかり守る、というサッカーです。タイの人たちはイングランドのプレミアリーグが好きなので、イングランドのサッカーに近いのかもしれません。

――では、そのサッカーに適応するのに時間はかかりましたか?

青山:自分はセンターバックなので、基本的に「ボールを跳ね返して守る」というのは日本と変わりません。でも、日本のサッカーは本当に細かくて特殊なのかなと、こっちに来て感じるようになりました。タイはシュートも多いし1対1も多くて、サッカー自体はこっちのほうが充実感や面白さを感じています。

<次ページ>日本の個の力は、段々弱くなってしまうのではないかという危機感

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事