2015.09.18 Fri

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編)

現役時代は名古屋グランパス、ヴィッセル神戸などで活躍し、日本代表として2000年のアジアカップ優勝に貢献した望月重良氏。現在はSC相模原(J3)の代表として、ピッチ内外で日本サッカーの底上げに貢献している。インタビュー後編では、望月氏が現役時代に対戦した、天才たちとの逸話について語ってもらった。(取材・文 鈴木智之/フットボールエッジ編集長)

edge002

【前編はこちら】

――望月さんの現役時代で印象に残っているのが、2000年のアジアカップです。当時の日本代表は“歴代最強”の呼び声が高く、望月さんは決勝戦(サウジアラビア戦 1-0で勝利)で唯一のゴールを決めていますね。

望月:中村俊輔選手のフリーキックをファーサイドで合わせたのですが、本当はあのポジションにいるはずではなかったんです。練習では、自分はあそこにいるはずではなかったのですが、点が取れそうだなと思って、スルスルっと上がって行きました。逆に点が入らなくて、GKにキャッチされてカウンターを受けていたら、自分がいるべきポジションにいないわけなので、リスクのあるプレーでしたよね(笑)。ただ、直感というか、ここにボールが来そうだなと思って、あのポジションに入っていきました。いまでも、なんであそこにいたかはわからないんです。

――中村俊輔選手はいまも現役で、今シーズンもすごいフリーキックを決めていますが、望月さんから見て、どういう選手ですか?

望月:外から見ている人と実際にピッチで一緒にプレーした人とでは、感じ方が違うと思うのですが、中村俊輔選手はあきらかに他の選手とは違いましたね。一緒にプレーして「この選手、うまいな」と感じたのは、中村俊輔選手、名波浩選手、小野伸二選手の3人。彼らは別格だなと思いましたね。

――具体的に、彼らは他の選手とどの部分が違うのですか?

望月:一番はプレーのアイデアです。普通の人には考えもつかないようなプレーをしたり、発想を持っている選手です。この3人はサッカー選手の資質として、別格のものを持っているなと思いました。発想の部分は真似できないというか、ちょっと違うなと。一緒にプレーしていて「そこにトラップするのか!」「そこにパスを出すのか!」と驚かされることが多く、プレーのアイデアや次の展開を予測する部分が違うんです。別のステージでプレーしている選手だと感じましたね。

――海外の選手と対戦してみて「サッカー選手として、ステージが違うな」と感じた人はいました?

望月:一番はジダンですね。フランス戦はサッカー人生で最大の衝撃でした。2001年にサンドニでフランス代表と試合をして、0-5で負けたのですが、そのときにジダンとマッチアップしました。そのときに感じたのは「この選手、バケモノだ」と。いくら練習をしても、あそこまで行けないなという限界を突きつけられましたね。僕自身、子どもの頃から向上心を持って、うまい選手には追いつけ、追い越せでやってきたのですが「いくらやってもここには到達できない。絶対に無理だ」と限界を感じた試合でもありました。これがワールドクラスなんだと。当時のフランス代表は最強でしたし、格の違いを肌で感じさせられましたね。

――ジダンと対峙して、他の選手とは何が違ったのですか?

望月:一番感じたのは、一瞬一瞬のスピードの違い。プレーのスピードや判断のスピードが、まるっきり違ったんですよ。これは外から見ていてもわからない、対戦相手として、試合をしたから感じることができた部分だと思います。当然、守備のときのプレッシャー、寄せも速いし、自分がイニシアチブを握れるような身体の向きを作る部分であったり、とにかくスピードと技術が違いました。

<次ページ>ピクシー(ストイコビッチ)は、チームが苦しいときに期待に応えてくれる選手

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事