2015.08.31 Mon

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015 準決勝で東京都U-12に敗れた、FCバルセロナ・セルジ監督コメント

2015年8月30日、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ準決勝が行われ、FCバルセロナはPK戦の末、東京都U-12に敗れた。試合後のFCバルセロナ、ミラ・エレーロ・セルジ監督のコメントは以下のとおり。

◯準決勝結果 東京都U-12 1対1 FCバルセロナ(PK3-2)

――試合を振り返って、感想をお願いします

最初に、決勝に進んだ東京におめでとうと言いたいです。そして試合後、審判について抗議していたことをあやまりたいと思います。どんな試合であったとしても、選手は抗議することができません。審判のみなさん、申し訳ありませんでした。東京は我々と違うプレースタイルでした。決定機は我々のほうが遥かに多かったですが、ゴールを決められませんでした。東京はシュート2本ほどで、そのうちの1本が入って、1本はGKが止めました。負けてしまいましたが、我々がやっているボールを保持するスタイルは、必ず選手たちを育ててくれると信じています。このまま続けていって、選手たちの今後の成長に結び付けたいと思っています。

――前半、0-1で折り返しました。東京はバルサを研究していたように見えましたが、ハーフタイムでどのような指示を出したのでしょうか。

東京は守備を重視するチームでした。守備面のコンセプトがすごく多く、うちが苦しんだのが、中盤の3枚に対して、マンツーマンの状況が多かったこと。後半に試みたのが、センターフォワードを1列下げて、中盤で4対3の数的優位を作ること。センターフォワードの動きは「ニセモノの9番」と呼んでいるものです。外から攻めるために、中央の位置でセンターフォワードが一列下がり、数的優位を作ってサイドに展開して崩すというシナリオを考えていました。外から崩すことができた場面は何度かありましたが、ゴールに結びつけることはできませんでした。

――この敗戦を、選手たちにはどのように感じてほしいですか?

あくまでもPK戦の敗退で、試合で負けたわけではありません。内容ではうちが勝っていましたし、内容には満足していると伝えたいと思います。我々が進めるプレースタイルを貫きたいと思います。東京と10回試合をしたら、多くの回数、こちらが勝つと思います。なぜなら、チャンスの回数も多く、長い時間帯で決定機を作ることができたからです。結果は負けてしまいましたが、ボールを支配する部分、ボールを奪い返す部分、ゴールまでの流れは充実していたので、選手たちを褒めたいと思います。私は前回の試合よりも良くできていればいいと思っているので、このまま続けていきたいです。

――いままで対戦した日本のチームと東京都U-12を比べて、守備面で違いを感じた部分はありますか?

他のチームと比べて、ピッチの中央部分でプレーすることが難しかったです。相手のセンターバックに空中戦に強い選手が2人いたので、そこを越えることが難しいと感じました。ほかのチームにはない部分でした。他のチームはもう少し、ボールをポゼッションして戦うチームが多かったと思いますが、東京は後ろから前方にボールを蹴ってパワープレーであったり、ボールを奪い返してカウンターに行くという、我々とは正反対のスタイルでした。ただ、お互いに合うサッカーをしていると思います。サッカーはオープンなスポーツであり、色々なスタイルがあるのは当然のことだと思います。

――球際の強さについて、東京と他のチームとの違いはありましたか?

東京はフィジカル的にも強く、ルーズボールの競り合いのときに、勝ちきれなかった部分もあります。フィジカルに特徴があるので、そのようなプレースタイルに行くのは当たり前のことだと思います。我々としては、ルーズボールの奪い合いにならないように、1対1の状況を作らないようにボールを保持して、前線のサイドにスピードのある選手がいるので、いかにして有利な状況でスペースを使わせてあげるかを考えました。その部分では勝っていたかと思いますが、1対1の場面では苦しめられました。

<あわせて読みたい>

ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015 準決勝でFCバルセロナに勝利した東京都U-12・米原監督コメント

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事