2015.08.27 Thu

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015 川崎フロンターレU-12戦後のFCバルセロナ監督コメント

2015年8月27日、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジの初日が行われ、FCバルセロナが川崎フロンターレU-12に3対1で勝利した。試合後のFCバルセロナ、ミラ・エレーロ・セルジ監督のコメントは以下のとおり。

――試合を振り返って、感想をお願いします。

川崎フロンターレもFCバルセロナも、ボールポゼッションスタイルで試合をしました。我々はプレシーズンが始まって1週間というのもあって、体力的な部分や暑さによって、選手たちは疲れていましたが、よく走ってくれたと思います。

川崎フロンターレさんが我々に与えた難しい状況を、この時期に体験できるのは、選手にとって、シーズンに向けたいい準備になります。これからもそういった相手と試合ができると思うと、この大会はすごくいい準備になると思います。

――フロンターレで気になった選手は?

全員がすごく良い選手という印象があります。とくに走るスピードが速いです。我々も速い選手がいますが、この試合ではなかなかスピードで勝てませんでした。

とくに5番、10番はうまかったと思いますが、チームプレーで戦っているのもあるので、個人がどうこうというよりも、選手全体のバランスが良いと思います。

――トップチームのモデルを意識していることは?

7歳からトップチームまで、同じスタイルでプレーするのがテーマです。我々は将来、トップチームに選手を入れるために同じコンセプト、戦術を使いながら戦っています。それはボールをポゼッションし、一人の選手がずば抜けているのではなく、チーム全体でコレクティブなサッカーをすることです。

――ハーフタイムにはどのような指示を?

いまはシーズンに向けた準備期間で、11人制に移行したばかりです。ハーフタイムには、ボールを失った後に取り返す動きを重点的に確認しました。その中でも、ポジショニングを修正しました。今日は暑かったので、選手たちが疲れていました。そのため、中盤はできるだけ自分のポジション、ゾーンを守りながらプレーすること。それと、前に3人いるのですが、前からプレスをかけることをもう一度意識させました。

この大会はシーズンに向けた準備期間でもあるので、毎試合選手たちに11人制の動きの確認をして、修正をしながら、チームの完成度を上げていきたいと思います。

<あわせて読みたい>
FCバルセロナとの激闘を終えた、川崎フロンターレU-12 佐原秀樹監督に聞く

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】