2015.08.27 Thu

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

FCバルセロナとの激闘を終えた、川崎フロンターレU-12 佐原秀樹監督に聞く

バルセロナの壁は高かった。だが、思っていたほどではなかった。手をかければ届きそうだ。しかし、あと一歩が遠い。U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ開幕戦。川崎フロンターレU-12対FCバルセロナは、大会3連覇をめざす若きカタルーニャの雄が地力を見せつけ、ダノンネーションズカップJAPAN2015優勝の川崎フロンターレU-12を3対1で退けた。(取材・文 鈴木智之 フットボールエッジ編集長)

スコアこそ3対1だったが、川崎フロンターレU-12にとって、決して悪い内容ではなかった。

惜しい場面は作った。しかし、ゴール前のフィニッシュの場面で、キックがボールの芯を捉えない。シュートが枠を外れる。わずかな技術、判断ミスがあり、流れの中でバルセロナのゴールを打ち破るには至らなかった。

対するバルセロナは、決める時にしっかりと決める。サッカーはゴールの数を競い合うスポーツである以上、そのクオリティが明暗をわける。

フロンターレの選手個人に目を向けると、あえて名前は出さないが、5番、8番、10番はバルセロナの選手と同等か、上回るクオリティを見せていた。

過去2大会のバルセロナは強烈だった。だが、開幕戦に限定して言うのであれば、今回のバルセロナはそこまでのインパクトはなかった。だからこそ、フロンターレにもチャンスはあった――。

ワールドチャレンジの1ヶ月前、川崎フロンターレU-12の佐原秀樹監督と話をする機会があった。そのとき「ワールドチャレンジでバルサと試合ができますね」と向けると「楽しみですよ」と笑顔を見せ、対戦を心待ちにしていた。

試合を終えたいま、なにを思うのか。現役時代と変わらない、スラリとした体型の指揮官をみつけ、声をかけた。

――バルセロナとの試合、3対1でした。試合を振り返っていかがですか。

佐原:緊張が理由だと思うんですけど、試合の入り方が良くなかった。立ち上がりに失点してしまい、後半もそう(3分の失点)でした。失ってはいけない時間帯で失点してしまいました。ただ、前半の10分ぐらいから、僕らのリズムでボールを動かせるようになりましたし、ああいう時間をもっと長く出せるようになれば、やれない相手ではなかったと感じました。

――試合の立ち上がり、フロンターレの選手はバルサのプレスに面食らっているように見えました。

佐原:でも全部、自分たちのミスなんです。奪ったボールを相手に渡してしまったりとか。そういうミスを減らしていかないと、こういう相手に対しては突かれますよね。

<次ページ>「バルサとやってみてどうだった?」と聞いたら、選手たちは「やれる」と答えた

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事