2015.08.17 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

【久保田コラム】コーチのあり方ってなんだろう?『協同探求』『協働探究』をサッカーでも表現したい! のはなし

オマさんや鬼木さんのような『愛すべき永遠のサッカー少年』達に、うちのクラブは恵まれています。決してコーチ面せず、何かを教えてあげる、というスタンスでもなく、自ら本気でサッカーを楽しむ姿から、子ども達に大切な何かを伝えてくれる。そんな人に、本当に恵まれているんですよね。みんな、いつもありがとう。

人に頼ってばかりでも仕方ないので、いつもそばにいる僕が、常にそういう姿を子ども達に見せ(魅せ)続ければいいじゃないか! というのが、今のスタンスです。

子ども達と一緒に成長したい。一緒に楽しみたい。よく「背中を見せる」なんて言いますが、背中だけでなく自分の全てをさらけ出して、彼ら彼女らに伝えたい。何が伝わるかはわからないけれど、何かが必ず伝わると、僕は信じています。

◆「協同探求」と「協働探究」

昔、自分の母校でもある世田谷の烏山中学サッカー部でコーチをしていた頃に、とてもお世話になったN先生がいます。今でも連絡を取り合い、いろいろと相談に乗ってもらっています。

そのN先生が、教育のテーマにされているのが「協同探求」という言葉。今はそれを発展させて「協働探究」と銘打っているそうです。

冒頭に記した「子どもを操作対象とする」という画一的で一方的な指導を否定し、共に学び、共に成長することを是とする「協同探求」「協働探究」を、僕はサッカーでも体現したいのです。

一方的な指導とはサヨナラ。スタイルの押し付けもナンセンス。共に楽しみ、共に考えて、共に気づき、共に行く。

練習では個人個人が楽しい思いをし、ほんの少しでも自信を手にして、帰れるようにする。そしてチーム全体で「信じられるもの、共有できるものを、その瞬間に生み出す」こと。

それを一緒に成し遂げる。サッカーをしにグランドに来れば、ワクワクする何かが待っていて「ウザいし空気読めないし、あの人うちらより子どもだよな…」なんて言われるような変なコーチがいて「でもあの人は、うちらのために本気になってくれる」「いつでも、僕らの側に立っていてくれる」と、選手達が思ってくれればいい。

実際に目の前の子ども達、選手達のために本気を見せられなくなったり、本気を伝えられなくなったらおしまいだし、保身を優先して選手の側に立っていられなくなった時は、それこそコーチ失格だ。

だからこそ僕はもっと巧くなりたい。オッサンになっても、まだまだサッカーが巧くなりたいし、もっと色んな技が出来るようになって、子ども達に見せたい。こんな大人でも本気になってサッカーをしている、巧くなろうとしている姿を、彼ら彼女らに伝え続けたい。大切なものは何かを伝え続けたい。

そして一緒に巧くなる。一緒に、サッカーの本質を探求する。もっと出来ることがあるんじゃないか、もっとこうすればいいんじゃないか。勝つためにはこうしたらいいんじゃないか、それなら、こういう練習をすればいいんじゃないか…。

そんな「協同探求」を続けたい。そしてそれをさらに磨き上げ、共に極めていく「協働探究」レベルにまで、持っていきたいのです。

好みの押しつけ、チームのスタイルの押しつけ…。そんなコーチには、絶対にならないぞ。

【プロフィール】
久保田大介。ジュニア年代からジュニアユース、高校の女子サッカー部を指導するプロコーチ。指導者の学びの場”Borderless” football community主宰。

<SUERTE juniors横浜ブログ(ジュニア)>

<SUERTE las niñas 横浜ブログ(U-15女子)>

<あわせて読みたい>

【久保田コラム】絡まった糸をほどくことで、乗数効果的にサッカーが上達していったアオ君のはなし

【久保田コラム】全国大会で優勝するほどの才能を持っているのに、サッカーの楽しさを見失っていた女の子のはなし

【久保田コラム】騙す、遊ぶ、ネイマール。サッカーの基本とは何か? のはなし

1 2 3 4 5

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事