2015.08.17 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

【久保田コラム】コーチのあり方ってなんだろう?『協同探求』『協働探究』をサッカーでも表現したい! のはなし

みんな本当に一緒になって子ども達と遊んでくれるんですよ。この7月と8月だけでも色んな人が来てくれましたが、みんな真剣に、でも自分が一番! というくらいに楽しんで、サッカー大好き、ボール大好きな姿を見せてくれます。

しかも、よくある「適当に手を抜いて、子ども達に花を持たせる」「空気を読む」みたいなのが皆無。やるとなったら真剣に、勝負にこだわって必死な姿を見せる。そんな中で魅せる技だからこそ、子ども達にもそのまま、リアリティーを持って伝わる。

そんな大人達の姿を見て、子ども達もサッカーの本質を知るわけです。サッカーはまず楽しむもので、その中で勝負にこだわって、自分を表現するものなんだと。サッカーってこんなに楽しくやっていいんだ、巧くなるとあんなに楽しくサッカーが出来るんだ、あんなにカッコよくなれるんだ、俺ももっと巧くなりたい!って。

明大中野八王子中学サッカー部で指導する「オマさん」こと、小俣公史さんという永遠のサッカー少年がいるのですが、うちの子達にとって、オマさんはボールの神様です。メイハチ(明大中野八王子の略)詣でをするたびに、一日中遊んでもらって、凄い技をたくさん見せて(魅せて)くれて、ずっと1vs1に付き合ってくれて、本気で、ボールに対する真剣度と愛と遊び心を伝えてくれます。

SUERTEの練習にも来てくれたのですが、その時もひたすらゲームに混ざって遊んでくれる。本気で技を魅せ、勝負にこだわり、サッカーを楽しむ姿を、身をもって見せてくれる。

週に一回、コーチとしてSUERTEの練習に来てくれる鬼木祐輔さん。

「フットボールスタイリスト」として活動し「巧くなるための身体の動かし方」にフォーカスした独自の哲学と練習法で、各地で引っ張りだこの人気コーチです。

鬼木さんの練習を受けるうちのヤツらが…まぁ、話を聞かないんですよ。鬼木さんが必死に話してるのに、真剣に聞いていない(笑)。鬼木さんが話をしている最中から「早くやろうよ〜」みたいな感じで、やり始めている子がほとんど。

でも、話を聞いていないくせに、その場でパッとやれちゃうんです。個々に差はあれど、あんなに話を聞いていないのに、鬼木さんが伝えたかったことはしっかり伝わってるという、不思議な感覚。

たぶんそれは「この人は自分のために、真剣になってくれている」ということを、子ども達はちゃんと感じ取っていて「俺が一番巧くなりたい! みんなにも巧くなってもらいたい!」という鬼木さんの情熱と「こころ」が、あの子達にちゃんと伝わっているからだと思うんです。

付かず離れず、少年のようなコーチと、全く話を聞かないやんちゃな子ども達。でも、お互い大切な何かを共有しながら、お互いに成長し続けている。なんとも不思議で魅力的なONE PIECE。

<次ページ>「協同探求」を「協働探究」に持っていきたい

1 2 3 4 5

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事