2015.08.17 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

【久保田コラム】コーチのあり方ってなんだろう?『協同探求』『協働探究』をサッカーでも表現したい! のはなし

自分がゲームに混ざるということは、彼女達が出来ないような「アレちょっとやってみたい」と思えるような、遊び心あるプレーを見せるべきだったし、あえてゆっくりとプレーして「こういうリズムでサッカーしてもいいんだよ」と見せたり、ミスに臆することなくチャレンジする姿勢を、自らの姿勢で示さなくてはいけなかったんじゃないかと。

こんなオッサンでも必死になってボールを追いかけて、チャレンジして、成功したら喜んで、失敗したら悔しがって、一喜一憂して。サッカーを、ボールを愛し、心の底から楽しんでいる姿を、まずは自分が身をもって、彼女達に見せるべきだったんじゃないかって。

クールな顔でひたすら「さばく」ことに徹し、ノーミスで帰って行った僕の姿を見ても、たぶん彼女達の「こころ」には何も響かなかっただろうなと、大反省した思い出があります。

◆永遠のサッカー少年が集まるクラブ

僕が指導するジュニア年代のクラブ、SUERTE juniorsには、ありがたいことに色々な方達が遊びに来てくれます。で、ほとんどの方がまた来てくれる。全国に行くような強豪でもないし、有名クラブでもない(一部マニアの間だけでは知られていますが )こんな小さな街クラブに、なぜか、ことあるごとに色んな大人達が集まってくれるんです。

それはたぶん、子ども達が僕にあまり一方的な指導をされていないこと、そして「うちのスタイルはこれ!」みたいな押しつけをされていないから、子ども達が自然体でいられていること。一人一人のボールの持ち方もバラバラで掴みどころがないぶん、一緒にやってても飽きないし、ストレスもないんじゃないのかなと。

そして普段、僕と自然体で接し、気軽に話す習慣がついているから、遊びに来てくれる「知らない大人」に対しても自然に振る舞えるし、自然に寄って行って、絡んでいる。そんな姿が、普段の仕事に疲れた大人達の琴線に触れるのかなぁと、 勝手に解釈しています(笑)

そしてうちに集まる人達は、みんな子ども以上に子どもというか、永遠のサッカー少年のような人達ばかり。練習見学させて下さい、みたいな人はお断りしてるんですが(だって何も見せるものがないから…)一緒にボールを蹴らせて!と言ってくれる人は、大歓迎しています。

<次ページ>子どもが感じる「この人は自分のために、真剣になってくれている」という気持ち

1 2 3 4 5

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事