2015.08.14 Fri

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

「衣食住に蹴(サッカー)を入れたい」スポーツマネジメント株式会社・松浦和輝

テストテストキャプション

平日の朝6時頃から行う『Asaren 朝練』を主催し、多くのアマチュアフットボーラーにサッカーをする場を提供している松浦和輝さん。本業はスポーツマネジメント株式会社(以下、スポマネ)の企画開発部・プロデューサーとして、法人向けのサッカーイベント運営、企画を行っています。この連載「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」のホストを務める中村篤次郎さんとは、サッカー仲間でもあります。ふたりの共通点は、他業界での仕事経験を経て、サッカー界に入ってきたこと。外からの視点を持つふたりだからこそ見えてくる、サッカー界をもっとよくするための方法とは? 好評連載「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」第3回・後編をお届けします。(構成・鈴木智之/フットボールエッジ編集長)

【対談前編はこちら】

中村:ここからは、松浦さんのお仕事について、いろいろ聞かせてください。スポマネさんでは、どのような業務を担当されているのでしょうか?

松浦:事業のメインは宿泊型の大会なのですが、私が担当しているのは、そことはちょっと違って、法人向けのサッカーイベントの企画・提案や運営をしています。

中村:私も所属している某大手企業の社内サッカー大会もスポマネさんにお願いをして、グラウンドを手配して頂きましたね。

松浦:その節はありがとうございました。企業のサッカー大会もそうですし、企業が冠となって、学生さんを集めて行うフットサルの大会も運営しています。

中村:それは、どのような目的で行われているのですか?

松浦:主に、企業の採用やマーケティングの一貫として行われています。『AIDEM CUP』という、総合人材サービス企業さんが主催され、大学生が無料で参加できるフットサルの全国大会の運営も担当させてもらっています。

中村:サッカーやフットサルなどのスポーツをしている大学生を採用したいと思う企業にとっては、スポマネさんが持つネットワークやノウハウは、非常に魅力的でしょうね。松浦さんは朝練を主催されたり、いまも毎週のようにサッカーをプレーされていますが、それが仕事に活きると感じることはありますか?

松浦:たくさんあります。まず、人脈が広がりますし、朝練で出会った方から、「社内のサッカーイベントをやりたいんだけど、手伝ってくれない?」と言われて、仕事につながったこともあります。これは私の職業柄かもしれませんが、ボールを蹴っていると仕事に役立つというのは、声を大にして言いたいところです(笑)

<次ページ>サッカー界はビジネスの視点から見ると、未成熟な部分もある

1 2 3 4

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事