2015.06.10 Wed

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

トリノのスカウト等が集結し、海外クラブにチャレンジするトライアウト『WorldTrial 2015』開催!

2015年6月27(土)、28日(日)、千葉県市川市の北市川フットボールフィールド(千葉県市川市柏井町4-294-5)にて、海外プロサッカークラブにチャレンジする選手の合同トライアウト『World Trial 2015』が行われる。

セレクション合格者は7月にクラブへ練習参加の権利、もしくは7月12〜25日にヨーロッパ各クラブのスカウト数十人を集め、スロベニア王者NKマリボル、オーストリア・ブンデスリーガのWACなど、ヨーロッパの強豪クラブとトレーニングマッチを行う日本人選抜チームの一員として、参加する権利が与えられる。詳細は以下の通り。

■『World Trial 2015』
■日時:2015年6月27(土)、28日(日)16:00〜21:00予定
■会場:北市川フットボールフィールド 千葉県市川市柏井町4-294-5
■共催:株式会社JUVE 株式会社WASE
■定員:各日44名
■締切:6月19日18:00
■参加資格:17歳~26歳までの熱意を持った健康な男性
プロ、アマチュアのレベル、国籍は問いません。
履歴書、プレー映像送付後1次審査を通過した者。
セレクション合格後7月のトライアウト本戦に参加できる方
■参加費:19,800円(1次審査通過後銀行振込にて)
■募集要項:
・プロ、アマチュアのレベル、国籍は問いません。
・セレクションに合格した選手はセレクション終了後、株式会社WASEを通じて契約交渉を行う権利が与えられます。
・他社との代理人契約、マネージメント契約がある方は事前にお知らせください。
・サッカーができる服装でお越しください。
・ボールは各自でご用意ください。
・参加費の入金後の返金はありません。(事前審査不合格、天候等による施設使用不可の場合のみ返金)

【来日スカウト】

パトリック・パヌッチ
1970年07月30日 (44歳)
国籍: イタリア
クリスティアン・パヌッチ(元イタリア代表:現リヴォルノ監督)の実兄・パトリック・パヌッチ氏が来日。彼自身もプロ選手としての功績を残しており、97-98シーズンには、当時中田英寿選手が所属したペルージャで選手としてプレーをしたほか、セリエCなど各地を渡り歩いた。現在はトリノのスカウトとして、選手の育成と獲得に励んでいる。チームマネージャーとしての資格も持っているため、近い将来プロクラブのGMを務める事は間違いない。現役時代はディフェンダーとして知的なプレーをした事でも有名で、弟のクリスティアン同様、頭脳派の分析で選手の獲得に励んでいる。

ドラガン・カナトロフスキ
生年月日: 1960年9月8日(53歳)
国籍: マケドニア
ライセンス:UEFA”PRO”
PV:https://www.youtube.com/watch?v=ApRpmcqfgDo

現役時代はユーゴスラビア、マケドニア代表のMFとしてプレーした経歴をもつ。ユーゴスラビア代表時代はイビチャ・オシム氏の元でプレーした。クラブでは旧ユーゴスラビアのレッドスター・ベオグラード、スペインのデポルティボ・ラ・コルーニャなどの名門クラブでプレーした。レッドスター時代に国内リーグ優勝、UEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)出場を果たし、ドラガン・ストイコビッチ氏、デヤンとともにプレーした。現役引退後、マケドニア国内の強豪FK Podebaにて監督業を始め、1999〜2001年、2003〜2005年と2度マケドニア代表監督に就任。インテルやラツィオでもプレーしたゴラン・パンデフ、ベガルタ仙台でプレーしたゴッツェ・セドロスキーなど、多くの国外で活躍する代表選手を指導した。その後はマケドニア、ブルガリア、セルビアなどの1部リーグのクラブの監督を歴任。ヨーロッパ全土にコネクションをもち、特にセルビア、マケドニア、ブルガリアなど東欧のクラブに強いパイプを持つ。

ボバン・バブンスキ
生年月日:1968年5月5日(47歳)
国籍:マケドニア
ライセンス:UEFA”PRO”

1991年にイビチャ・オシム監督の下、ユーゴスラビア代表に選出され、2試合に出場。連邦崩壊後はマケドニア代表として23試合に出場し、代表キャプテンも務めた。1996年シーズン途中に、ヨジップ・クゼ監督の招きでスペイン2部・UEリェイダからガンバ大阪に加入。1997年はパトリック・エムボマらと躍進を支え、ガンバでは主にスリーバックのリベロとしてプレーした。2001年に引退後はマケドニア代表のコーチを経て、2005年8月からは解任されたスロボダン・サントラツ監督の後を受け、2006年2月までマケドニア代表の暫定監督を務めた。その後、FKラボトニツキの監督に就任し、3年間指揮を執る。現在はマケドニアサッカー協会の育成部門の責任者としても働き、U-21欧州選手権出場を目指すU-21マケドニア代表を率いている。2人の息子はバブンスキ兄弟として有名なサッカー選手であり、兄のダビドはFCバルセロナ、弟のドリアンはレアル・マドリードの下部組織にそれぞれ所属している。現在居住しているスペインはじめ、ヨーロッパ全土にコネクションをもつ。

マリオ・イブキッチ
生年月日:1985年7月15日(29歳)
国籍:スロベニア
所属:L&Fマネージメントグループ、Eberndorfer AC(オーストリア4部)
ユース年代はスロベニアのクラブにてプレーし現在はオーストリア4部リーグでプレーする。スロベニアのトップアカデミーのコーチ経験があり、選手としてプレーする傍ら、L&Fマネージメントグループにてチーフスカウトとして多くのヤングプレーヤーを発掘している。

【選手申込・問い合わせ】
World Trial 2015事務局
担当 : 鈴木
TEL  : 03-6821-9314(平日11:00~19:00)
E-mail  : info@juve-japan.com
WEB :http://www.juve-japan.com/selection/

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事