2015.05.26 Tue

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

世界にチャレンジする「関東大学同好会トレセン」始動!

大学同好会のメンバーがチームとなり世界にチャレンジする「関東・関西大学同好会トレセン」がスタートした。関東大学同好会トレセン一回目の練習会は、みなとみらいスポーツパーク(神奈川県横浜市)で行われ、22名の選手が約2時間たっぷりと汗を流した。

一回目の練習会では、ゲストコーチとしてFCバルセロナの育成機関で多くのプロ選手を育てたアレックス(ALEX GOMEZ COMES)が指導。初練習ということもあり、選手たちも最初は緊張していたが、トレーニングがはじまると、アレックスをはじめとする5名の指導者からの熱い視線に応えようと必死にアピールした。

高い走力とエネルギッシュなプレーでアピールした、中央大学サッカー同好会DF関田崚佑は「きつかったです。久しぶりに質の高いトレーニングをしました。高校時代を思い出して、すごく刺激的でした。チームの中で個の力を発揮できるよう成長したい」と息を切らしながら笑顔で答えてくれた。

体を張った献身的なプレーが魅力の神奈川大学Stolz DF菅原優大は「一つひとつの内容が濃くて、こういうところに来るといい経験になります。多くの指導者から学び、新しい自分の特徴を見つけて、さらに成長したいです。楽しみながらも本気で取り組みたい」と充実した表情を見せた。

指導にあたったアレックスは、選手たちに「トレーニングの目的を理解し、ミスを恐れずに勇気を持ってプレーして欲しい。勇気を持ってトライすることでもっと成長できる。これからも、成長したい気持ちを持って頑張ってほしい」とアドバイスを送った。

[関東トレセン参加メンバー]

GK

金澤 聡(中央大学サッカー同好会)

塚本 陽(中央大学フースバルクラブ)※

DF

森井 貴弘(早稲田大学 FC GUSTA)

菅原 優大(神奈川大学Stolz)

上丸 哲平(立教大学サッカー愛好会)

高橋 耀 (日本大学法学部サッカー部)

斉藤 耕兵(早稲田大学FC GUSTA)

関田 崚佑(中央大学サッカー同好会)

佐藤 海威(日本大学生産工学部サッカー部)

MF

北嶋 竜也(日本大学法学部サッカー部)

永岡 真之介(早稲田大学FC GUSTA)

菊田 章斗(神奈川大学Esperance)

佐本 裕樹(神奈川大学Esperance)

貞森 勇人(神奈川大学Esperance)

須藤 裕也(中央大学サッカー同好会)

橋本 涼平(成蹊フットサルクラブ)

小島 大和(中央大学サッカー同好会)

天引 航 (早稲田大学FC GUSTA)

大貫 拓也(日本大学生産工学部サッカー部)

中條 悠介(慶應義塾リコタイ)

青柳 紘太(明治大学体同連サッカー部)※

FW

岡谷 翔太(東洋大学FC.Galactico)

服部 信介(神奈川大学Esperance)

藤田 和也(立教大学サッカー愛好会)

大和田 歩夢(中央大学フースバルクラブ)※

※5/18 練習会は不参加

提供:ユーロプラスインターナショナルスポーツマネジメント

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】