2015.05.18 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

【プレミアリーグ千葉U-11】Day.1 船橋トレセン vs バディーSC千葉 両チーム監督コメント

写真:鈴木蹴一(ジュニアサッカーWeekly)

2015年5月17日、プレミアリーグ千葉U-11が開幕し、船橋トレセン vs バディーSC千葉の試合が行われた。試合はバディーSC千葉が前半に3点を奪い、3対1で勝利した。試合後の両チーム監督コメントはこちら。

【バディーSC千葉監督コメント】

――プレミアリーグ初戦を終えた感想を聞かせてください。

子どもたちが『プレミアリーグ』という名前に、浮き足立っているところもあったかなと思います。まだまだ、このような場に来られるチームではないので、他のチームと肩を並べようという空気を感じられたことは良かったと思います。

――試合内容についてはいかがでしょうか?

4月からこの子たちを担当しているのですが、取り柄である元気や子どもらしさを消さないように、サッカーの難しさ、厳しさを教えている段階です。試合は3対1でしたが、試合の中には良い流れもあれば、悪い流れもあります。それを試合の中で感じることができたと思います。ただ、流れが悪くなると、トレーニングでやったことが全部飛んでしまうことがあります。前半は良かったですし、後半は反省点を見つけることができた試合だったと思います。

バディー監督-crop


<次ページ>船橋トレセン監督コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 2 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 3 2019年 全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝 興国対阪南大高 樺山諒乃介、杉浦力斗コメント。写真ギャラリー 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか? 6 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 7 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 8 久保田コラム「日本語でのサッカー指導で世界をひっくり返す(3)」サッカーにおける、見ると観る、眺めるの違い 9 【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される! 10 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い