2018.07.09 Mon

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

アマチュアフットボーラーたちの挑戦 第2回 林茂(HAYASHI WATCH-WORKS代表取締役)前編

写真:Hayashi Shigeru

「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」の第1回ゲスト、林茂さん(HAYASHI WATCH-WORKS代表取締役)が、2018年7月6日に永眠されました。最後までサッカーを楽しみ、サッカーを愛した林さんに敬意を示すとともに、謹んで哀悼の意を表します。(フットボールエッジ編集長・鈴木智之)※記事初出:2015年5月11日

社会に出て、仕事が忙しくなる。家庭を持ち、自分の時間が少なくなる。かつてはサッカーを楽しんでいたのに「最近ぜんぜんやってないなぁ…」という方は多いのではないでしょうか。

「いい大人が真剣にサッカーを楽しむ」。これって、結構イイんです。

フットボールエッジはいい年をして、毎週末、真剣にサッカーを楽しむオトナを「アマチュアフットボーラー」と定義しました。

今回のゲストは、85年続く老舗企業の代表取締役を務めるかたわら、毎週ボールを蹴り続けている「アマチュアフットボーラー」の林茂さん(HAYASHI WATCH-WORKS代表取締役)。

聞き手は、この連載の初回に登場してくれた、アマチュアフットボーラーの中村篤次郎さんです。

 

中村:この連載の第一回目のゲストに、どのようなアマチュアフットボーラーの方がふさわしいのだろうと考えた時に、真っ先に浮かんだのが林さんでした。社長業でお忙しい中、お時間を頂きありがとうございます。

林:こちらこそ。1回目の中村さんの原稿を読んで、あまりにもかっこいいので、自分でいいのかなと思いました。そこまでストイックにやっているわけでもないですし。

中村:私が全国大会を目指しているのも、林さんの影響ですから。3年前の2012年にシニア(50歳以上)の全国大会に出場されましたよね。林さんが出ているのを見て、シニアにも全国大会があるんだと知ったんです。

林:たまたま、一生懸命サッカーが出来る環境があって、その結果が全国大会出場ですから。中村さんの1回目の記事を読むと、次にどんな人が出てくるのだろうとハードルが上がりますよね(笑)

中村:それは大丈夫です(笑)。この連載のコンセプトが、社会人として第一線で働きながらも、サッカーに真剣に取り組んでいる人の話を聞き、それを読んだ人に、こんなサッカーとの関わり方もあるんだと知ってもらうことなんです。

林:なるほど、そうですか。

中村:林さんは毎週末のようにサッカーをプレーしながら、平日は『HAYASHI WATCH-WORKS CO.,LTD.』の社長として、ビジネスの第一線で働かれていますよね。最初に仕事の話を聞かせて頂きたいのですが、創業80年を越える老舗だそうですね。

IMG_0595

林:もともとは服部時計店(現・SEIKO)の関係で、創業者の祖父が時計の修理、組み立てを始めたのがスタートです。会社ができて85年になります。僕で3代目なのですが、まずは創業100年目を迎えることができれば良いと思っています。いまはアジアから、特に中国から多くの観光客の皆さんが日本に時計を買いに来ていて、SEIKOの時計も人気があるんですね。銀座4丁目の和光にあるのは、間違いなく本物だと思って買っていく人が多いんです。

中村:アジアでは、時計の贋物がたくさん売られていますからね。

林:ただ、時計業界も既に成熟産業ですので、80年代からはHDD関連の仕事や、ロボットを使った自動省力化ラインの設計、 パソコンやモバイルの自動組立ラインに搭載される、電動ドライバーの生産から輸出までの仕事を積極的に取り入れたり、事業の多角化を進めてきました。最近では、特殊な通信系の半導体のアッセンブリーや医療関連のビジネスなども進めています。また、アジアでLEDを使用した工業用の検査用照明などを生産し、国内外に販売しています。 現在では国内に4法人、海外にも3法人を設けています。

IMG_0632

中村:グループ全体で、従業員は何人ほどいらっしゃるのですか?

林:いまは350人ぐらいですね。日本のメーカーは、この30年でどんどん海外に拠点を移し続けてきました。僕たちが使っているサッカーの道具も、日本で作っているものってほとんどないじゃないですか。ただ、半導体業界を例に挙げれば、日本のメーカーが生産設備の面で最先端を走っている分野もあって、世界的にシェアを持っています。そうした根幹となる技術が、日本メーカーの生命線になっている訳です。

中村:社長としてお忙しい毎日を過ごされていると思いますが、社内でサッカーをすることはあるんですか?

林:ありますよ。3年前に社内フットサルチームを立ち上げ、部長をしています。女性もいますし、取引先の方など、初心者を集めて和気あいあいやっています。会社の若い子に「来てください」と言われて行くのですが、みんな、私がやっつけちゃうんです(笑)。いまは運動しない子のほうが多いから。そこで「普段からサッカーをしているんですか?」など話しながら、終わった後にお酒を飲んで仲良くなる。それが大事かなと思っています。自分も楽しいですし。

<次ページ>会社のフットサルチームを立ち上げ、社内外の人とボールを蹴って交流を図る

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事