2015.04.27 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

【プレミアリーグ神奈川U-11】第2節FC.JUNTOSvs横浜ジュニオールSC 両チーム監督&MVPコメント

写真:鈴木蹴一(ジュニアサッカーWeekly)

【プレミアリーグ神奈川U-11】第2節 FC.JUNTOS 1vs2 横浜ジュニオールSC 両チーム監督&MVPコメントをお届けします。

【FC.JUNTOS 松本啓監督】

――試合を終えた感想を聞かせてください。

レベルの高いチームと戦わせて頂いて、思うようなことができませんでした。一人ひとりのレベルをもっと上げないとと、感じさせられる試合になりました。今後のトレーニングの目標が見えてきたと思います。ジュニオールさんとは『個で打開する力』に差があったと思います。ただ、いままでトレーニングでやってきたことをていねいにやれば、パスもつながりましたし、後半の開始からは選手たちも考えて修正していくこともできたかなと思います。

――プレミアリーグの意義をどのように感じていますか?

神奈川の強豪と戦う機会は、県大会の上のほうに行かないとなかなかありません。レベルの高い相手と年間を通して戦えることは、いまの自分たちがどのぐらいの場所にいるのかを確認することにもなりますし、選手自身も色々な目標が持てるリーグ戦だと思います。

ジュントス監督

 

【横浜ジュニオールSC  矢沢真也監督】

――試合を振り返って、感想をお願いします。

守備面でラインを下げてしまい、相手にスペースを与えた結果、自由にさせてしまいました。相手を狭いエリアに追い込んだ中で、アプローチができるような状態を作っていこうとしたのですが、なかなか修正できずに悪い流れが続いてしまいました。

――個でボールを持てる選手が多いのが強みだと思いました。そのあたりは?

ファーストタッチ、セカンドタッチでボールが収まらないところがあって、それは練習でやっているところなのですが、練習試合ではできたことが、プレミアリーグのようなプレッシャーがかかった試合の中で出せませんでした。

――いまお話にあったように、レベルの高い試合を戦う上で見えてくるものもあると思います。プレミアリーグの意義はどう感じていますか?

いろいろなチームと試合をさせていただく中で、それぞれの武器も違う中で、どんな相手に対しても、自分たちのやりたいことを常に出せるようにすることが大事だと思っています。それを高いレベルで維持できるようにやっていきたいと思います。今日は勝ちはしましたけど、中身がまだまだ足りないチームでもあるので、結果だけを見ずに中身も積み重ねて、次も続けてトライしていきたいと思います。

ジュニオールMVP

<次ページ>

両チームMVP選手コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事