2015.04.27 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

【プレミアリーグ神奈川U-11】第2節 横浜すみれSC vs FCパーシモン 両チーム監督&MVPコメント

写真:鈴木蹴一(ジュニアサッカーWeekly)

プレミアリーグ神奈川U-11  第2節 横浜すみれSC 0vs4 FCパーシモン 両チーム監督&MVPコメントをお届けします。

【横浜すみれSC 山崎貴司監督】

 ――試合を終えての感想をお願いします。

 リーグ戦初戦でしたが、選手たちは力を出し切ってくれました。チームは「クリエイティブでたくましい選手づくり」をモットーにしています。プレミアリーグで横浜、川崎の強豪チームと対戦できるということで、子どもたちも楽しみにしていました。ピッチの中でも気持ちを現してくれたと思います。公式戦の経験が少ない選手が出場したので、緊張も見られましたが、今日一日で成長してくれたと思います。年間を通してリーグ戦があるということで、成長の場があるのは非常にいい機会だと思います。

すみれ監督

【FCパーシモン 上村和人監督】

――試合を終えた感想を聞かせてください。

大事な初戦だったので負けないようにと。気持ちも入っていたし、ボールも回せていたので狙い通りでした。いまのテーマはピッチを広く使ってボールを回すこと。去年までは個が弱い状況があったので、ドリブルを主体にしていました。

――U-11プレミアリーグの意義はどのように感じていますか?

緊張感を持って試合に挑めるのは、とても良いことだと思います。今日はあえて、子どもたちに「公式戦だから」と言いました。1日1、2試合ということで、普段よりも少ない試合数なので、力を出し切って試合を終えるようにしてもらいたいなと思っています。

パーシモン監督-crop

<次ページ>両チームMVP選手コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事