2014.12.21 Sun

Written by EDGE編集部

フットサル

攻守の要、皆本晃 「1対1でイニシアチブとれていた」 フットサル クロアチア戦

写真:Kenzaburo Matsuoka

2014年12月18日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた、日本対クロアチア戦は1対1のドローに終わった。日本代表・皆本晃(府中アスレティックFC)のコメントは次のとおり。

ーークロアチアは実力的には日本と同じぐらいに見えたが。

「そうですね。日本も良さを出せるし、クロアチアも良さを出せる。向こうはサイドの7番の選手(フランコ・イエロブチッチ)がイニシアチブをとりながら、決定機をつくってくるというところで、同じぐらいだなと」

ーー大きいチームに押し込まれることが多かったと思うが、今日は高い位置からプレスをかけられていたのでは?

「高い位置からディフェンスに行けているときは良かった。押し込まれてしまうと、パワーやサイズで不利になるので、いかに行かせないか。そこが大事になると思います」

ーー攻撃面の出来は?

「今日は1対1でイニシアチブをとれていたので良かったんじゃないかと思います。(森岡)薫くんだったり、仁部屋(和弘)だったり、(吉川)智貴だったり。最後のところがちょっと。もう1枚絡んだり、追い越していったりしたかった。そこのコンビネーションはつくっているところ」

ーー1対1に強い選手に勝負させるのは奪われたときのリスクもあるが、今日は少なかった。

「フィクソが相手を引き連れながらも、いざ奪われたときはすぐ戻れるような、微妙なポジショニングができるようになってきたなと思います。あとはバリエーションをもっと増やしたいですね。1対1になった選手にサポートに行ってワンツーをしたり、パラレラしたり、ピヴォを使ったり」

ーー1stセットをある程度固定していたが?

「今日はたまたまですね。コンビネーションをつくっていくために固定したのかもしれません。普段はもっと役割によってフレキシブルに交代していきます」

ーー自分の出来はどうだった?

「もうちょっと、ピヴォに縦のパスを出したかったですね。アラへのパスなどはできてたのですが。ピヴォを活かすのは自分の役割だと思っているので」

ーー神戸の試合に向けては。

「今日は引き分けだったので、やっぱり勝ちたいなと。結果はすごい重要だと思うので。見に来てくれる人もいるけど、見に来れない人もいる。そういう人には結果しかわからない。頑張ります」

(取材・北健一郎)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事