2014.12.21 Sun

Written by EDGE編集部

フットサル

滝田学 「フットサルの魅力を伝えたかった」 フットサル クロアチア戦

写真:Kenzaburo Matsuoka

2014年12月18日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた、日本対クロアチア戦は1対1のドローに終わった。日本代表・滝田学(ペスカドーラ町田)のコメントは次のとおり。

ーー試合前、滝田選手は自らのツイッターなどで来場を呼びかけていました。

「チケットが売り切れていないことは選手たちもわかっていたので。今のフットサル界って、選手のほうが発信できるのはあるので、(森岡)薫くんを中心に、みんなで何かしないかというのはあった。Fリーグが現状厳しい部分があるので、代表が頑張っている姿を少しでも多くの人に見てもらえればという気持ちはありました」

 ーーアジアで優勝したけど、なかなか報道されなかった。

「アジア選手権も多少はテレビでやってもらえて反響もあったけど、それがFリーグに還元されたというのはあんまり実感としてはなくて。代表は特別な思いでやっているし、すごく好きな場所です。今はそれが体現できる選手たちだと思うので、フットサルの魅力が伝わりやすいなと」

ーー単なる1試合ではなく、代表の試合を通じてフットサルの魅力を発信しようと?

「そう思っています」

ーー前半の残り6分ぐらいで、滝田選手、吉川智貴選手、森岡選手、渡邉知晃選手という攻撃的なセットがあったが?

「たまにあるんです。知晃がピヴォに入って、薫くんを仕掛けられる位置に置いて。薫くんは仕掛けながらでも、どこにでもパスを出せるので、逆サイドで智貴が仕掛けたり。僕がバランスをとって、もうちょっと攻撃的になっても良かったけど、時間帯的に微妙だったので、十分にできなかったのは反省点ですね」

ーー点を取りにいくセット?

「どこでも点を取れるとは思いますけど、ディフェンスのときは薫くんと知晃は前に残りたいと思うので、僕と智貴で頑張って攻撃につなげられるようにしています」

ーー神戸での試合に向けての改善点は?

「相手も体が動いてくると思うので、寄せるスピードも上げる必要があると思います。このグループは楽しんでできる選手が多くて、ミゲル監督も言っている。もっと楽しんでプレーしたい。代表は特別な場所なので、みんなが信じてやれば、自ずと結果は出ると思います」

(取材・北健一郎)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事