2014.12.21 Sun

Written by EDGE編集部

フットサル

国内デビュー戦ゴールの加藤「ワンチャンスを狙っていた」フットサル クロアチア戦

写真:Kenzaburo Matsuoka

2014年12月18日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた、日本対クロアチア戦は1対1のドローに終わった。日本代表・加藤竜馬(バルドラール浦安)のコメントは次のとおり。

ーー国内代表デビュー戦でしたが。

「最初にピッチに入った時は緊張しましたけど、ボールに触ってからは思い通りにプレーができました」

ーーミゲル監督から言われたことは?

「特にはないですけど、自分の特徴を出さなければ出ている意味もないと思ったので、自分の特徴、動くスピードを出したり、意識しながらやっていました」

ーーミゲル監督はプレッシングを評価していたが?

「交代してすぐは行けていましたが、疲れてからはかけられないこともあったので、強度を考えながらやっていければと思います」

ーーゴールの場面は距離もあったが、落ち着いているように見えた。

「そうですね。ミゲルからは『落ち着け』と言われていたので。ふかさないことだけを考えて、抑えて、ゴールに流し込みました」

ーー2点目のチャンスもあったが?

「あそこを決められれば良かったですけど、決められるように、トレーニングでイメージしながらやっていきたいです」

ーー日本での試合はどうだった?

「特別な雰囲気というか、緊張しながらも良い緊張感を持ってやれたので良かったかなと」

ーー昨年まではバルドラール浦安の2軍でプレーしていたが。

「正直、こんなに早いとは思ってなかったけど、ピッチに入れば関係ないので、自信を持ってやろうと思ってました」

ーー「持ってるな」と思った?

「ワンチャンスをモノにしようとは思っていたので。勝てるかなと思ったけど、最後に追いつかれたので」

ーー2日後に向けて。

「次は自分にとって特別な場所(加藤は神戸出身)での試合なので、結果にこだわって、得点を取れれば、貪欲に取りに行きたいなと思います」

(取材・北健一郎)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事