2014.12.21 Sun

Written by EDGE編集部

フットサル

1失点に抑えたGK関口「雰囲気を楽しめた」 フットサル クロアチア戦

写真:Kenzaburo Matsuoka

2014年12月18日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた、日本対クロアチア戦は1対1のドローに終わった。日本代表・関口優志(エスポラーダ北海道)のコメントは次のとおり。

ーー今日のパフォーマンスについて。

「僕としてはそれほどファインセーブができたという感じはありません。攻撃の起点になれた場面もあまりなかったし、フィードミスもあったので修正していきたいと思います」

ーー国内デビュー戦だったが?

「ホームで代表の試合をするのは初めてだったので、本当にいい雰囲気だなと感じました。あんまり僕自身緊張しないタイプなので、雰囲気を楽しみながらできました」

ーークロアチアはサイドを広く使って攻めてきたが。

「スカウティングのビデオを見た感じでは、もっと速いかなと思っていました。予想より下だったので対応できました」

ーーサイドに左利きの選手がいたが。

「それほど縦に来ることは少なかったので楽でした。中に入ってくることが多かったので、守れていたと思います」

ーー今日の満足度は?

「日本のディフェンスができていたので、かなり良い出来だったと思います」

(取材・北健一郎)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事