2015.04.04 Sat

Written by EDGE編集部

アジア

リオ五輪1次予選突破の三浦ベトナムが凱旋帰国!サポーターの歓迎受ける

リオデジャネイロ五輪1次予選を兼ねたU-23アジア選手権予選グループI(マレーシア)の試合を終えたU-23ベトナム代表が1日午後に帰国した。ホーチミン市タンソンニャット空港には、激闘を経て、2勝1敗の2位で予選通過を果たしたメンバーを迎えるべく、大勢のファンやサポーターが集まった。(提供:VETNAM-FOOTBALL)

三浦俊也監督は、空港で待ち受けていた取材陣に対し、「U-23ベトナム代表が成し遂げた結果を嬉しく思います。応援してくれたファンには感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの応援が私たちに力を与えてくれました」とコメントした。

U-23ベトナム代表チームは一旦解散し、各メンバーは所属先のクラブに戻って、4月12日に再開するVリーグに向けて準備する。また、三浦監督は、6月にシンガポールで行われる東南アジア選手権(SEA Games)のメンバー選考を行うため、Vリーグの視察を開始する予定。

<次ページ>リオ五輪1次予選通過を決めたベトナムの三浦監督、記者会見で安堵のため息

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事