2015.04.01 Wed

Written by EDGE編集部

日本代表

今野泰幸と宇佐美貴史。ガンバ大阪で求められる役割と日本代表のギャップとは? 【ウズベキスタン戦レポート】

MKP_3752

今野にとって難しいのは、所属するガンバ大阪で要求されることと、日本代表で要求される内容が大きく異なることだ。

ガンバでは、奪ったボールを落ち着けるのは正解だ。獲ったボールをゴールへの直線経路ではなく、サイドへ展開するのもセオリーのひとつだ。それはハリルホジッチの要求とは異なる。

クラブとの間に生まれるギャップ。それは同じガンバの宇佐美貴史にも当てはまる。

宇佐美は献身的にディフェンスを行う姿を見せたが、もしこれを前半から続けたとき、果たしてカウンターの場面でゴール前に走り込み、決定的な仕事をするエネルギーが残っているのだろうか。

ガンバでは2トップとして攻め残り、ディフェンスの労力を免除されているため、エネルギーを溜めておける。だが、日本代表では違う。現状では、相手の動きが落ち始める後半に投入する“スーパーサブ”以外の起用法が見当たらず、それが最も効果的だろう。

日本の弱点を克服しようとする代表チームと、Jリーグ3冠王者のスタイルがバッティングするのは、ある意味では自然現象なのだろうか。

だがそこには、途方もないほど大きな成長の余地が残されているようにも思える。

ベテランの域に差し掛かる今野は、清々しい表情で語る。

「こうやって良い監督、良いメンバーと練習をすることで、すごく刺激をもらえる。代表に来ると“もっとやらなくちゃ”という気持ちが掻き立てられます。代表に来るのは素晴らしいこと。年齢はけっこう上ですが、代表に居続けて成長していきたいと思います」

ベテラン、若手に限らず、多くの選手に成長を求めるハリルホジッチ監督。新指揮官のもとで終えた初陣は、未来に希望を抱かせる内容だった。

<あわせて読みたい>
【チュニジア戦レポート】“厳しさ”を信条とする新しい日本代表。競争を勝ち抜く選手は誰だ?

ハリルホジッチが目指す日本スタイル。キーワードは“縦への速さ”と“グラウンダーのコンビネーション”

【練習レポート】ハリルホジッチの秘策。ゾーンディフェンス向上のための“3本のロープ”

ハリルホジッチ新監督 就任記者会見全文

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事