2015.04.01 Wed

Written by EDGE編集部

日本代表

今野泰幸と宇佐美貴史。ガンバ大阪で求められる役割と日本代表のギャップとは? 【ウズベキスタン戦レポート】

写真:Matsuoka Kenzaburo

ハリルホジッチ体制2戦目。ウズベキスタンを東京スタジアムに迎えた日本は、5ゴールをあげる大勝でアジアのライバルを下した。この試合の前半、ボランチの位置で存在感を放ったのが今野泰幸だ。昨季の三冠王者・ガンバ大阪の主力であり、代表でも様々な経験を積んできたベテランが考える、ハリルジャパンで感じる成長とは――。(取材・文 清水英斗)

前半19分頃だろうか。

ピッチサイドからハリルホジッチ監督が選手にしきりに声をかけ、身振り手振りでシステム変更を指示した。しかし、なかなか選手に伝わらず、およそ3分後にタッチライン際の酒井高徳を介し、青山敏弘と今野泰幸に伝達された。

その内容は「中盤の形をダブルボランチから、今野ひとりをアンカーに置く形に変えること」だった。

ウズベキスタン戦の日本代表は、青山と今野の二人がそろって前にプレスをかけ、中盤の底のスペースを空ける場面が目立っていた。ハリルホジッチはこれを修正したかったようだ。今野はそのときの心境を、こう振り返る。

「(ウズベキスタンのやり方が予想外だった?)俺は予想外じゃなかったけど、監督は修正したかったみたい。相手が2トップ気味になったので、俺は2トップに2センターバックで対応して、中盤がこぼれ球を拾えばいいかなと思っていたけど、俺に(センターバックの前に)残れと」

ウズベキスタンの攻撃は、6番ナシモフと15番ショディエフの2トップに、サイドハーフの10番ラシドフが高い位置に残って絡む。日本代表は、彼らを内田篤人や昌子源などのDF陣が高い位置まで追撃したことで、ディフェンスラインに穴が空き、ボールの失い方によっては、数的不利でカウンターを食らいかける場面もあった。

日本が早い時間に先制したこともあり、ハリルホジッチ監督は今野をセンターバックの前に残すことで、リスクを回避したかったのだろう。

ところが修正後も、日本の守備はふわふわとした状態だった。さらに今野の話を聞こう。

「ワンボランチ気味になって、俺が残ることになったけど(香川)真司が理解していなくて。真司がトップ下にいるから、すごくいびつな感じでしたね」

香川が少し下がって青山と並び、逆三角形の形になれば、左右のバランスは取れたかもしれない。だが実際は、香川、青山、今野が縦に並ぶような形になってしまった。当然ながら、青山ひとりでは中盤の幅をカバーし切れない。そこで今野は再び、前へ出る決断をする。

<次ページ>縦への速さを追求すると同時に、ゲームを落ち着かせたい今野

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事