2015.03.11 Wed

Written by EDGE編集部

アジア

三浦俊也監督、U23ベトナム代表合宿場の食堂にカメラ設置を要請

写真:Kenzaburo Matsuoka

リオデジャネイロ五輪1次予選を兼ねたU-23アジア選手権予選に向けて、ハノイ市でキャンプ中のU-23ベトナム代表の三浦俊也監督は、ベトナムサッカー連盟(VFF)に対し、ピッチ上だけでなく、食生活でも選手を厳しく管理するため、VFFユース育成センターの食堂にカメラを設置するよう求めた。(提供:VETNAM-FOOTBALL)

三浦監督が選手たちと共に食事するのは主に昼食のみのため、選手たちが朝食を決められた時間にきちんと摂っているかを監視するのが狙いだという。なお、同キャンプでは毎朝午前9時に朝の練習が始まるため、その前に食べ物が消化できるよう朝食の時間が決まっている。

ある選手は、「所属クラブでは、朝食の時間が決まっていないが、代表では、毎朝早く起きて朝食を摂らなければならない。センターの朝食は、ブンやフォー(いずれもベトナムの米麺)などが中心で、みんなの口に合っている」と語った。(提供:VETNAM-FOOTBALL)

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】