2015.03.02 Mon

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

『非常に組織された相手で驚きを受けた』横浜FC・ミロシュ・ルス監督コメント【チャンタジアマッチ】

写真:Ura Masahiro

『Chantasia Match Vol.o 横浜FC 対 日本高校サッカー選抜』試合後の横浜FC・ルス監督コメント。

――2対0で勝利しました。試合の感想を聞かせてください。

(プロ対高校生という)特別なシチュエーションの中で行われた試合でした。非常に組織された相手で、驚きを受けました。今日は雨のためピッチコンディションに影響をされた部分もありましたが、これからはそれも考慮してプレーしなければいけません。たくさんのお客さんがスタジアムに集まってくれました。サポートして頂いたみなさんには、リーグが始まってもサポートして頂けるようにお願いをしたいと思います。

――縦に速いサッカーをするということで、今日の試合の手応えは?

選手たちが、我々のスタイルをやろうという姿勢を見せてくれたことについて満足しています。ただ、最後のところの精度に関しては満足とは言えません。そこはトレーニングで引き続きやっていく部分です。それは1日でできることではありません。私自身は選手が我慢強く続けていることに満足していますし、これからも続けていかなければいけないと思っています。若手がしっかりと成長していくように、チーム全体でサポートして高めていきたいです。

――相手チームの印象は? 気になった選手はいましたか?

個人名を出すことは難しいですが、チームとして規律があり、組織的なところに驚きを受けました。中盤で何人か技術的に優れた選手が見受けられました。今後、成長していくことで、もっといい選手になるのではないかと期待しています。

<あわせて読みたい>

雨中の激戦。高校選抜が攻守に高い完成度を見せ、横浜FCを追い詰める

「理解力があり、大人な選手が多い」高校選抜・大野聖吾監督コメント

 『世界に通用するサッカーをアジアから起こそう』チャンタジアGP・石山城

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】