2015.03.02 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

「理解力があり、大人な選手が多い」高校選抜・大野聖吾監督コメント【チャンタジアマッチ】

写真:Ura Masahiro

『Chantasia Match Vol.o 横浜FC 対 日本高校サッカー選抜』試合後の高校選抜・大野聖吾監督コメント。(聞き手:Football EDGE編集部)

――プロを相手に0対2の敗戦でしたが、選手個々で通用している選手も多くいました。監督はどう評価していますか?

攻撃に関して、ボールを収める場面は増えてきています。そこから先、ゴール前やバイタルエリアでの落ち着きであったり、一人ひとりに工夫があるともっと変わってくると思う。選手を見ると、技術的にしっかりしている選手が多いと感じています。渡邊凌磨、鈴木徳真もそうですし、予想以上のキープ力だと感じたのが前川優太。田場ディエゴもターンや仕掛けの部分でいいものを持っていると感じました。

――押し込みながらも、ミス絡みで失点したことについては?

雨でピッチコンディションが悪かったので、もっとミスが出るかなと思ったのですが、落ち着いてプレーできたと思います。アタッキングサードへの入り方は良かったのですが、最後の部分のクロスの質であったり、ゴール前で合わせられなかったので、そこはもう少し工夫したいです。ハーフタイムには『簡単にゴール前に放り込まないで、バイタルエリアの手前にボールを入れよう』と話をしました。それをすぐにチャレンジしてくれて、理解力があるなと思いました。

――試合を見ていて、考えてプレーできる選手が多い印象を受けました。

彼らはミーティングでもそうですし、昨年の高校選抜を経験している志村もそうなのですが、みんな積極的に会話をするので、大人な子が多い印象を受けます。指示を出したことをすぐに実行できるという意味では、理解力があると思います。

――このチームにはセンターバックにタレントが多くいます。一方、日本サッカー全体の課題として、センターバックのタレントが不足しています。その辺りについてはどう考えていますか?

色々な考え方があると思います。『育成年代にはビルドアップが必要だ』というのと同時に、自分は『簡単に弾き返せる強さ』を欲しいと思うので、その点ではそこが強いセンターバック陣が多くいます。野田にしても当たり負けないですし、楽しみな選手だと思います。渡辺もプロを相手に身体をぶつけて勝つシーンもありました。(国際大会の舞台である)デュッセルドルフに行ったときに、どんなプレーをしてくれるか楽しみです。

雨中の激戦。高校選抜が攻守に高い完成度を見せ、横浜FCを追い詰める

『非常に組織された相手で驚きを受けた』横浜FC・ルス監督コメント

 『世界に通用するサッカーをアジアから起こそう』チャンタジアGP・石山城

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事