2015.03.02 Mon

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

雨中の激戦。高校選抜が攻守に高い完成度を見せ、横浜FCを追い詰める!【チャンタジアマッチ】

写真:Ura Masahiro

1日、ニッパツ三ツ沢球技場で横浜FCと高校選抜が対戦するドリームマッチ「Chantasia Match」が行われた。試合は2対0で横浜FCが勝利したが、高校選抜もひけとらない戦いを披露。横浜FCのGK渋谷の攻守がなければ、どちらに転んでもおかしくない試合内容だった。(取材・文/Football EDGE編集部)

横浜FCは若手主体で臨んだが、彼らとてれっきとしたJリーガー。高校生を相手に恥ずかしい試合をするわけにはいかない。

スタメンはGK渋谷飛翔、DFは右から石井圭太、楠元秀真、フェリペ、永田拓也。中盤はダブルボランチに渡辺匠とペ・フミン。右が青木翔大、左が飯尾一慶。2トップに野村直輝と大久保哲哉が入った。

対する日本高校サッカー選抜はGK志村滉(市立船橋/3年)、最終ラインは右から小川明(履正社/3年)、野田裕喜(大津/2年)、菊池流帆(青森山田/3年)、久保和己(流経柏/3年)。ダブルボランチに鈴木徳真(前橋育英/3年)と前川優太(星稜/3年)、右サイドハーフが田場ディエゴ(日大藤沢/3年)、左に渡邊凌磨(前橋育英/3年)。2トップは青柳燎汰(前橋育英/3年)と岩崎悠人(京都橘/1年)の4-4-2。

横浜FCのスタメン平均年齢が25.0歳。高校選抜が17.64歳とおよそ7歳の差がある対戦となったが、高校選抜はフィジカルと経験の差を感じさせず、果敢に攻撃を仕掛けていく。

ボランチの鈴木を中心にパスをつないでリズムを作ると、左サイドに君臨するエースの渡邊、変幻自在のドリブラー田場が積極的にドリブルで突破を図り、シュートを放つ。

横浜FCのGK渋谷の好守に阻まれたが、高校選抜が先制点を奪ってもおかしくない流れで試合は進んでいく。

だが前半28分、高校選抜のGK志村が雨の影響でスリッピーなボールをファンブルすると、横浜FCにコーナーキックを与えてしまう。これをゴール正面で楠元がドンピシャのタイミングで合わせ、プロが貫禄を見せつけて先制した。

セットプレーから、ミス絡みで失点した高校選抜だが、前半を通じて流れの中で崩された場面はほとんどなく、横浜FCのルス監督も「組織と規律のある良いチーム。驚いた」と賛辞を惜しまない戦いで、プロを相手に互角のゲームを演じた。

<次ページ>空中戦で負けていなかったCB。攻撃では前橋育英のタレントが躍動

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事