2015.01.13 Tue

Written by EDGE編集部

日本代表

岡崎慎司が語る攻撃の形「もっと攻撃的なサッカーを求めたい」(ゴール動画リンク有り)

写真:Matsuoka Kenzaburo

日本代表がアジアカップ初戦を戦い、パレスチナに4対0で完勝した。アグレッシブな攻撃を展開した日本代表の中で、攻撃を牽引していたのが1トップに入った岡崎慎司だった。圧巻だったのは、チーム2点目となるヘディングシュート。香川真司の強烈なシュートに対して頭で触ってコースを変え、ゴールネットに突き刺した。パレスチナ戦のマンオブザマッチに選ばれた、岡崎慎司の記者会見の様子をお届けする。(ゴール動画リンク有り)  

Q 初戦は難しいと言っていたが、4−0で勝利したことについて。
試合の入りが良くて、ヤット(遠藤)さんのゴールが大きかった。チームもいいアプローチができたし、自分も気候が良かったので身体が動いた。勝利には貢献できたけど、欲を言えばチャンスがほしかった。今日の展開を考えると、相手が1人退場になっていたので、4ゴールでは満足できない。もっと攻撃的なサッカーを求めたい。その意味では、初戦だけどもっとアグレッシブに行けたと思う。

Q ゴールの瞬間を振り返って。トップのポジションに張り付くだけでなく、サイドに動いたり、引いて戻ったりしたのは意識していたこと?
前の3人で動きを入れていこうと話をしていて、チームとしても(前線に)張るだけでは動きが出ないので、引いたりサイドに流れたりして、チャンスを作った上でゴールを目指すようにしていた。意識的にやっていました。ゴールの瞬間は(香川)真司がシュートを打つと思ったんですけど、軌道が外れていると思ったので。外れた時には狙おうと思っていて、それがゴールにつながりました。

Q 立ち上がりはインテンシティが高い、最高の入り方だったが、監督からはどのように気持ちの入り方を求められた?
ここまでの練習でも、リラックスするところはするけれど、厳しいところは厳しく、ひとつのミスでも厳しく怒られることもあった。いい雰囲気の中でも厳しさを入れる監督で、試合前にも緊張感を持たせるような言葉をかけられたし、ミーティングも長かった。監督は今日の試合の重要度を強調していました。

Q 今日の試合で得たことは?
初戦ということで、ここで自信を手に入れるかどうかが重要だった。W杯で受けた悔しさをアジアカップではらしたいというミーティングもあったので、スタートという意味で、90分アグレッシブに戦えたのは次につながると思う。

日本対パレスチナ 岡崎慎司 公式ゴール動画はコチラ

 岡崎慎司のゴール動画はアジアカップ公式動画サイト「レジェンドスタジアム」で!

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事