2015.01.12 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『やり残してはいないです』星稜×前橋育英 両チーム選手コメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー選手権決勝 星稜 4(延長)2 前橋育英 両チーム選手のコメント。

星稜  鈴木大誠

誰もあきらめていなかった。誰一人として(逆転されたあとも)負けるとは思っていなかった。星稜というチームにいられたこと、そのチームでキャプテンという立場で優勝を迎えられて最高です。偉大な先輩がいっぱいいるチームで、今度は個人としてそれを越えることに挑戦していきます。

 

星稜 森山泰希

思い切って蹴った結果、ああいうボールになってくれた。うれしかった。自分が得点を決めるというより、チームが勝つということを優先してきた。準決勝まで(無得点でも)自分的にはそんな悔しいとは思ってなくて、チームが勝てればいいと思っていた。練習で走りのメニューをやっていて、結構きついときもあったんですけど、延長でも走れるようにと言うことを考えながら走っています。

去年は前線からプレスを掛けて息切れ状態になったんですけれど、今年は練習試合とかでどこまで続けられるのかというのを意識して、監督にも言われていました。(名前の似ている元名古屋のFW森山泰行は)息子とか言われるんですけれど全然関係なくて、意識もあまりしたことなくて、でもホントに魂のストライカーだなと思います。動画サイトとかで見ました(笑)。

 

前橋育英 鈴木徳真

やり残してはないです。楽しかったです。前半は我慢の時間帯だったが、後半は自分たちの流れの中で点を取れてよかった。星稜は本当にいい相手だったと思います。これだけの大観衆の中でやれるなんて普通はプロくらいじゃないですか。本当に「ありがとうございます」って感じでした。前橋育英に来て、責任を持った行動を取れるようになったと思います。僕らは(2年生のとき)全国に出られなかったけれど、2年生はこの大会で俺が経験できなかったことを経験できたわけで、これを生かしてほしい。

 

【星稜対前橋育英 マッチレポートはコチラ

【星稜対前橋育英 両監督コメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事