2015.01.12 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『チーム一体となって戦えた』星稜×前橋育英 両監督コメント

前橋育英・山田耕介監督

――試合を振り返って。

結局は、力不足という結論だと思います。

――8番、小泉(佳穂)を頭から使う考えはなかったのか。

鈴木徳真、吉永大志、小泉佳穂、この3人で組み合わせとか、それぞれタイプが違うので。インターハイでは佳穂がスタメンで出てたりはしていたんですけど、リズムを変えるときに佳穂を投入しようということで今回は考えていまして、最初はあまり吉永が調子がよくないかなと思っていたので、じつは最後の最後まで佳穂でいこうか、吉永でいこうか。それでも途中から出てある程度リズムが変わったので。

――インターハイで星稜にホームユニホームを譲ったので、今回はもらうと話していましたが、今回もセカンドユニホームだった経緯は?

あれは後で調べたらインターハイは、うちが黄色と黒で向こうが白でした。今日はコインで向こうが黄色でこっちが白になりました。

――ハーフタイムの指示は?

距離感が全然ダメでお互いの距離感が間延びしていて、コンパクトにしなきゃいけないということでDFラインからトップの距離をもっとコンパクトにしなければ、おそらく我々が有利には進まないだろうと。それをすることでプレッシングも利いてくるし、パスもつながる。DFラインも押し上げなきゃダメだし、トップの連中もプレスバックしなきゃいけない、そんな話をしました。

――下山(峻登)ではなくて、渡辺星夢を先発させた意図は?

もともと渡辺がずっとレギュラーだったんですよね。大会前に足首をケガしていて、それがだいぶコンディションがよくなったということなので。あと彼の場合は結構戦える選手なので、こういう試合では戦えるんじゃないかと思って思い切って。これも悩んだんです。下山をそのまま使って、渡辺を途中からとも考えたんですけど、渡辺からのアーリークロスとか、そのへんが多分行けるんじゃないかと思って渡辺でいきました。

――その左サイドから崩されることが多かったが。

そうなんですよ。結局、そこから崩されることが多かったので、早いうちにということで後半の早いうちに代えたんですけど。

――昨日の練習でサイド攻撃を練習されていましたが、監督の想定とは違った部分があったのか。

やっぱり流れの中でボールウオッチャーになっているところがあって、2点目かな。やられてましたよね。あのへんが甘さであって、センターバックと逆サイドのサイドバックが絞って、あそこをフリーでやらせなければよかったけれど、結局あそこでやられたんですよね。

――渡辺凌磨の2点目のゴール以降の彼のプレーはどう感じたか。

もうちょっとあれですよね。なんかシュートが、勢いでシュートというのが多くて、あそこでちょっと溜めといて。自分で突破してシュートというタイプではないので、あそこで時間を作って周りを使ってくれればよかったんじゃないかなと思うんですけど。どうしても自分で決めたいとか、シュートの優先順位が高いということでやっていたんでしょうけどね。あそこでもうちょっと時間を溜めてくれれば、周りがスッと押し上げてスルーパスというのもできたのかなと思います。

――準優勝という結果については

非常にショックです。準決勝を勝って、一つ上に来たなという考えなんですけど、何かが足りないというのは結果論で、その答えを探さなくちゃいけないと思いますし、またあきらめないで来年、再来年と、子どもたちの将来を考えて、またチャレンジしなくちゃいけないかなと思っています。

――逆転に成功した時点で、どんな展開を予想されたか。どんな指示を出したか。

あの段階だと、これは行ったり来たりだなと。2-1じゃダメだよなと。おそらく押し込まれる時間帯も来るだろうし、我々にもチャンスが来るので、次の1点が大切なんだろうなと思ったら向こうにやられまして。そこで浮き足立ってしまったところもあるんですけど、あそこでもうちょっと落ち着きが欲しかったかなと思います。最後の延長になったらどっちもノーガードのようになったので。足が動かないし。2-1からの展開とか、ゲーム作りというのはちょっと足りなかったかなと思います。

 

【星稜対前橋育英 マッチレポートはコチラ

【星稜対前橋育英 両チーム選手コメントはコチラ

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事