2015.01.12 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『チーム一体となって戦えた』星稜×前橋育英 両監督コメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー選手権決勝 星稜 4(延長)2 前橋育英 両監督コメント。

星稜・木原力斗監督代行

インターハイのときに相手に主導権を握られて点差以上の差を感じて、選手も悔しい思いをして。去年の決勝で選手だけでなく、応援してくれている方々みんなが悔しい思いをしてあの経験というのが。ホイッスルが鳴るまで、選手は最後の最後まで、応援してくれている方々が最後の最後までサポートしてくれた。チーム一体となって戦えたことがこの勝利の要因かなと思います。

――去年の経験が生きた試合だと思うが、成長面は?

どんなときでも一人ひとりがあきらめない。それはサッカーであっても、勉強のところであっても、それぞれの目標に向かってあきらめず、しっかりチャレンジしていくということで、去年の経験が生きていると思います。

――河﨑先生のメッセージとは?

詳しい内容に関しては言えないですけど、選手1人ひとりの成長を感じるし、鈴木大誠を中心に日本一を目指すために、本当にチームとして団結している。そしてチームの役割をしっかりしてこの試合に臨めと、そういうメッセージをいただきました。

――それはチームの士気をかなりあげましたか?

そうですね。選手も監督が去年悔しい思いをしていることを見ていますし、星稜の歴史、星稜に関わってくれた人たちの思いを知っているので、監督のために一つになってもう一度まとまってやっていこうというのは選手、スタッフ、みんなが思いました。

――逆転されたときの心境は?

去年の経験もありますし、やはり監督の言葉で、「指導者がしっかりすれば選手もしっかりできる」という言葉を信じて、やっぱり選手が最後の最後まであきらめていない姿勢を持ってたので、僕らも選手たちを信じて一緒に戦おうという気持ちでした。

――こう着した状態で前橋育英は先に動いて、星稜は静観していたがどんな意図か。

試合の状況によって、選手を投入するのも当然ですが、前橋育英よりも自分たちが今までやってきたこと、また途中で出る子がサブの選手たちの責任を背負ってピッチに立って自信を持ってプレーできるか。僕はまだまだ経験不足でそこだけしか考えていなかったです。

――森山(泰希)が2ゴールだが、準決勝までと今日の彼を比べると?

森山のいいところというのは得点を取る以上に、チームのために必死に走って、誰よりも体を張って、チームを勢いづけるという、彼にしかできない役割があります。今日2点取って、そこまで必死に守備もしていましたし、やっぱり全体として体を張った守備というものがあったので森山だけでなく、頑張った守備の選手たちのゴールかなと思います。

――木原さんが気をつけて選手たちに話したことは? メンバー選考は河﨑監督の意向はどれくらいあったのか?

まず自分がこのような役割ができたときに、当然大きなプレッシャーもありましたけど、自分が彼らにできることというのはほんの少しだけのことなんです。それは最後の大会に向けて、全力で準備させて河﨑先生が3年間言ってきたことをもう一度振り返りながら生徒たちを万全の状態で試合に臨ませるという。それは僕だけでなく、他のスタッフたちも、または学校の先生たちもサポートしてくれていますので、だから自分がとくになにかしたというのはないんです。

メンバーに関しては選手権に来る前に、当然3年生一人ひとりの調子とか、普段の練習の取り組みとか、そういうことは選手権前から話していましたし、連絡を少しもらったときに選手起用に関しても、選手のスターティングメンバーに関しても任せたと。そういうことは言われました。それは僕一人だけでなくて、スタッフだったり、選手の練習の取り組み、選手権に来てからの選手間のミーティング、鈴木大誠に少し話を聞きながらメンバーは決めました。

――準決勝と決勝で流れの中からPKが3回あって、キッカーが全部違ったのはどのようにキッカーを決めたのか?

あれは選手たちで決めてます。自信のある選手が蹴っているじゃないですかね。

――それは信頼をもって送り出せる選手たちがそろっているということですか?

そうですね。やっぱりあそこで自信を持って蹴れるというのは、チーム全体として代表して蹴ってもらっているのでもし外したとしても誰も文句は言わないと思いますし、それはやっぱり選手が決めたのであれば僕らも納得するかなと思います。

――リードしたときの具体的な指示、選手たちの意識、戦術は?

リードしてからやはり少ないチャンスでも相手は得点する力はあるので、できるだけ中盤のあたりではボールを失わず、相手のコートでプレーできるように。また、センターバックの選手も高さがあったので、やはりうちの攻撃の特徴であるサイドのところから攻撃をすると、そこは徹底させました。

前橋育英・山田耕介監督のコメントは、次ページ 

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事