2015.01.11 Sun

Written by EDGE編集部

日本代表

長谷部誠「八百長疑惑の影響はまったくない」パレスチナ戦前日コメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

アジアカップ連覇に向けて、日本代表が12日(日本時間16時キックオフ)パレスチナと戦う。大事な初戦を控えた、長谷部誠キャプテンのコメント。

<長谷部誠コメント>

自分たちにはアジアカップでタイトルを取るという目標があります。そこに向かって、初戦に最高の準備をして結果を出して、勢いに乗りたいと思っています。

 Qパレスチナの特徴、どんなところにストロングポイントがある?
2試合ほど試合を見ましたが、守備はコンパクトに集中しているチームで、そこからボールを奪って攻めてくる印象があります。非常にいいチームでリスペクトして臨まなければいけないと思いますが、大事なのは自分たちが準備して良い状態で臨み、ピッチで100%のプレーを出すことです。

Q初戦は難しいと思うが、普段通りの戦いを見せるのに何が必要か? 4年前との心境の違いは?
初戦の重要さは誰もがわかっていると思います。サッカーの世界では、何が起こるか分かりません。2010年のW杯で、スペインが初戦にいい結果が出なくても優勝しています。ただ、初戦の大切さは前回のアジアカップ、W杯で感じているので、しっかりと準備して臨みたいです。この試合に集中することが重要です。4年前との違いは難しいですが、個人的なことで言えば、この4年で経験を積んだ部分が大きいですし、チームでの立場も変わっています。それを若い選手に伝えるのが、非常に大事な役割なのかなと思います。

Q八百長問題が与える影響は?
このことに関しては断言できます。影響はまったくないです。このチームの良さはお互いを信頼し合う、そういう力を持っているし、今は同じ目標に向かって、選手、監督、コーチ、スタッフが一つにまとまっているので全く影響はないです。

「最高のものを期待している」アジアカップ・パレスチナ戦 アギーレ監督前日会見

 武藤嘉紀「優勝するためにどれだけ貢献できるか」パレスチナ戦前日コメント

香川真司「シュートを打たないと始まらない」パレスチナ戦前日コメント

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事