2015.01.10 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『まだ、負けたという実感がない』前橋育英×流経大柏 両チーム選手コメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー選手権準決勝 前橋育英 1(5PK4)1 流経大柏 両チーム選手のコメント。

前橋育英 鈴木徳真

みんなで勝ち取った勝利なので、うれしい。シュートは「入れ」と思って打っただけ。本当にうれしかった。練習試合ではある形。こういう場で出せてうれしい。みんな、目があきらめていなかったので、行けると思っていた。歴代の先輩たちが越えられなかった(準決勝という)壁を自分たちで越えられたことは、すごくうれしい。

 

前橋育英 坂元達裕

流経大柏はすごく勢いがあって、対抗してプレスバックをしないといけないと思っていたが、それはできたと思う。自分自身はサイドから崩せていないし、シュートも打てなかった。でも、僕らをおとりにして、中央の選手がやってくれればと思っていた。決勝で対戦する星稜は、サイドから仕掛けてくるので、サイドで起点を作って攻撃したい。

 

流経大柏 澤田篤樹

まだ、負けたという実感がない。いい時間帯と悪い時間帯があるので、相手にペースを握られても絶対に焦れないで淡々とプレーすることを意識した。うまくいっていたが、一歩、何かが足りなかったのかなと思う。PK戦も2回勝っていたし、負ける気はしなかったし、自信はあった。相手はポンポンつないできて、最後の3分の1のところで何人も関わって来るのが特徴。それをいかにつぶせるかが自分たちの役割だった。でも、やられたという感覚はない。これで本当に終わったの? という感覚。

 

流経大柏 小川諒也

失点でちょっとメンタルを持っていかれた選手がいた。それがPKにつながったんじゃないかと思う。でも(PKを外してしまった高沢)優也がここまで3点取ってくれて勝ち上がってきたし、責めるつもりはない。このチームを勝たせられなかったのは自分の責任でもある。自分がもっと攻守に活躍していれば勝てただろうし、FKやシュートを決めればよかったこと。

 

【前橋育英対流経大柏 マッチレポートはコチラ

【前橋育英対流経大柏 両監督コメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?