2015.01.10 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『情熱的な一撃』高校サッカー選手権・準決勝 前橋育英 1(5PK4)1 流経大柏

写真:Takahashi Manabu

強豪同士の対戦は、前橋育英がPK戦の末に流経大柏を下し、決勝進出を決めた。敗退寸前だったチームを救ったのは、仲間も驚いた鈴木徳真の情熱的な一撃。そこには「サッカーの本質」が見られた。(取材・文 平野貴也)

1点を追う試合終盤、前橋育英の山田耕介監督は、アディショナルタイムが何分あるのかを気にしていた。そして同時に、何がいけなかったのかと寸前に迫った5度目の準決勝敗退について頭を悩ませていた。ところが、後半終了の直前に奇跡が起きた。途中出場の小泉佳穂が左からロングパスを放り込むと、相手のクリアを拾ったMF鈴木徳真がトラップから思い切ったシュートをたたき込んだ。ゴール前には相手選手が何人もおり、GKも反応していた。

鈴木は「入れと思って打った。相手は見ていなくて、ゴールしか見ていなかった。とにかく思い切って振り切ろうとだけ思って打った」と話した。ただ、ミートだけを心掛けたもので、決して「コースを狙った素晴らしいシュート」ではなかった。コースもGKの手前で相手選手に少し当たって変わっていなければ、得点にはならなかっただろう。しかし、その一発が同点弾となった。ほどなく試合が終わってPK戦となり、前橋育英はPK戦5-4で流通経済大柏を下して初の決勝進出を決めた。

同点弾は、意外な一発だった。鈴木はU-16やU-17といった年代別日本代表でも主力になるほどの実力を持っている。ゴール自体は不思議ではない。精度の高いミドルシュートも打てる。ただ、鈴木の長所と言えば、プレーの選択肢を豊富にする技術の正確さ、そして試合全体を見渡してプレーを選択できる判断力だ。クレバーな選手という表現で間違いない。こぼれ球を拾ったとき、誰もがシュートを期待する場面でフリーの味方を見つけていて、ラストパスというシーンも十分にあり得たように思う。シュートコースが見えていたという結末もありそうだ。ところが、鈴木はコースも見ないで打った。そして、決めた。仲間も驚くシュートであり、ゴールだった。

「こういう大会は、ラッキーボーイも出てくるけど、いつもと違うプレーも出てくる。これまではセットプレーで点を取れていなかった(宮本)鉄平が2点も取った。そういうのがないと決勝まで来られない。徳真が打ったときはビックリした」(渡邉凌磨)

「徳真はあまりゴールに向かうキャラじゃないけど、ああいうところでがむしゃらに決めてくれる徳真はいいキャプテンだと思う。自分も信じられなくて、本当にびっくりした」(坂元達裕)

鈴木は、こぼれ球を拾う動きについては、空いていたスペースを認識していたこと、浮き球になった瞬間にシュートのイメージを持ったことなどを理路整然と話したが、シュートの軌道はわからず、相手の足に当たって入ったことも知らないという。鈴木は「やり残すことはない、前に上がりたいと思って前に出た。自分が決めたいという気持ちがすごくあった。我を出していいんじゃないかと思った。やっぱ、最後は気持ちだと思う。それが結果に出たことは、戦術云々じゃなくて本質が出たんじゃないかと思う」と振り返った。ボールを奪い、相手のゴールへ入れる。効率を追い求めると置き去りになりがちな要素が鈴木の中には残っていた。あるいは、この舞台が宿したのかもしれない。「入れと思って、打った」前橋育英の同点弾は、クレバーな男の情熱的な一撃だった。

 

【前橋育英対流経大柏 両監督コメントはコチラ

【前橋育英対流経大柏 両チーム選手コメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事