2015.01.10 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『監督を信じてきてよかった』星稜×日大藤沢 両チーム選手コメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー選手権準決勝 星稜 3対0 日大藤沢 両チーム選手のコメント。

星稜 鈴木大誠

前半で3点取って少し余裕ができてしまったので、後半は少しチームとして組織的な守備が崩れて、ピンチを多く作ったので、自分としてはまだ満足できていないです。クールダウンのときにみんなで話したんですけど、やっぱり守備陣としてまだまだ充実していないなと。もっと連携を高めないと決勝では失点するシーンが出てきてしまうなと。そこは明日の練習で修正しようという話をしました。今日みたいに前半で得点が入ればいいですけど、決勝はもっとガッチリと固いゲームになると思うので、もっと守備から支えて攻撃のいい形につなげないと勝てないと思います。

守備は個人の意識もそうですけど、いちばんは全員で守備をするということが大きくて、連携で声を出すことだったり、チャレンジ&カバーだったり、基本的な守備の連携を高められたことがゼロで抑えられたいちばんの要因だと思います。相手の10番への対策はとくにはないですけど、そういう選手に対してはもし1対1で負けても、という考えを持ちながらカバーするという意識でやりました。1人対1人でやるのではなくて、1人対2人、3人でやるということが星稜のサッカーだと思うので、そこは意識していました。

ウチはサイド攻撃が特徴だと思うので、サイドにボールをシンプルに散らして、FWがうまく相手のサイドのスペースに流れて受けれたときというのはチャンスになると思うので、そこへのロングボールは意識していました。決勝は去年の雪辱を晴らす場所だと思っているので、1年間やってきたことをすべて出して絶対に勝ちたいと思います。

 星稜 大田賢生

3点目が重要だと思っていたので、自分が取れてよかったです。PKはどこに蹴るではなくてしっかりと得意なコースに思いっきり蹴ろうと思っていました。去年はメンバー外だったので想像もしていなかったんですけど、決勝の舞台に立てるというのはうれしいです。

FWの仕事はゴールなので、3戦連続ゴールということで、僕らが仕事をしたら必然的にいい結果になると思います。前線でタメを作って時間を作ることで、リズムだったり、攻撃に枚数をかける時間を作ることも僕らの仕事です。前線でタメを作るにあたってサイドのスペースが空いていたので、そこでボールを受けてタメを作ることを意識していました。前線からのプレスや、DFラインの裏への抜け出しは監督から常に言われてきたことなので、意識してやっています。

監督がいないぶん、チームの団結だったり、コミュニケーションをしっかりと取れているのでメンタル面でもチームは勢いに乗れている部分があります。勝つことによって星稜は勢いに乗れているので、それが試合に大きく影響していると思います。国立ではなく、埼玉スタジアムも有名なスタジアムで、ここで日本代表も試合をしているので雰囲気もすごかったです。今日ここでプレーできて、また明後日もプレーできるのでうれしいですね。

前橋育英とはインターハイで負けているので、決勝でリベンジしたいですね。去年の先輩たちのためにも全国制覇しなければいけないと思います。

星稜 森山泰希

2点取ってから少し気の弛みというか、守備に入ってしまったというか。3点取ってからも守備に入ろうという話もあったんですけど、攻めにいこうと、取りにいこうと、そういう話をしました。守りに入ったら去年の経験もあるので、攻めも忘れないようにということは言いました。

(2点目のシーンについて)(藤島)樹騎也のところに相手が2人いたので自分が後ろを回ってボールを受けたらはがせると思って回って、いいボールが来て相手もはがせて、中を見たら啓太が走っていたので合わせるだけでした。(試合の中で意識していたことは)動きで崩すということを意識していましたし、仲間を助けるということも意識しましたし、自分が引きつけたら(大田)賢生がフリーになると思っていたので、とにかく動くことを意識してプレーしていました。

監督からはずっとフォアザチームと言われているので、チームのためにという鉄則のもとにずっとやっています。そこが出せればこういった大舞台でもみんなはできると思ったので、それは去年感じたことです。やっぱり監督を信じてきてよかったと思います。

<日大藤沢 選手コメントは次ページ>

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 2 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(1) 3 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法。ジュビロへの想い(後編) 4 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法とは?(前編) 5 「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(2) 8 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 9 サッカーは戦術だ!と言っていた村松尚登さんが、なぜいまコーンドリブル等の反復練習をしているのか? 10 悪性リンパ腫と戦いながらも、ユベントスとの大一番で活躍した、元Jリーガーのはなし